日本は航空会社にインバウンドフライト予約に関する毎日のデータを提出するように依頼します

日本の運輸省は、国がコロナウイルスのオミクロン変異体を防ぐための努力を強化しているので、国際線の到着予約に関するデータを毎日送信するように各航空会社に要請した、と状況を知っている情報筋は土曜日に言った。

今月、政府が海外からの到着者の上限を5,000人から3,500人に引き下げた後、日本行きの各便の予約数などの最新情報の要求があった。

旅行者は、コロナウイルスのオミクロン変異体に対する懸念が高まる中、2021年11月29日に東京近郊の成田空港に到着すると、検疫エリアに連絡先追跡アプリをインストールします。 (共同通信)==共同通信

最近まで、同省は国際線を運航する航空会社に週に一度そのようなデータを提出するように求めていた。 情報筋によると、今、彼は彼らに1月31日まで毎日それをするように頼んでいる。

新しい変種の出現により、日本は原則として、世界中からの外国人のすべての新規参入を禁止しました。

しかし、日本は、限られた数の日本人と外国人居住者が1日あたりの制限を使って再入国することを許可しています。

12月末までに日本行きの航空券の予約をやめるようにとの同省の最近の呼びかけは、年末年始に帰国することを計画している人々からの混乱と抗議を引き起こした。

同省は木曜日に包括的要請を撤回することを余儀なくされ、予約は政府の1日あたり3,500の制限内で許可されると述べた。

情報筋によると、日本に帰国したい人の予約や全体的な旅行需要をより正確に追跡するために、毎日のデータを使用したいと考えています。


関連する報道:

日本航空が帰国者の復路便予約を再開

日本は批判を受けて、復路便の予約を完全に停止することを断念する


。日本は航空会社にインバウンドフライト予約に関する毎日のデータを提出するように依頼します

Source#日本は航空会社にインバウンドフライト予約に関する毎日のデータを提出するように依頼します

Leave a Comment