日本は海外旅行者の検疫期間を10日に短縮する

日本は金曜日に、非常に伝染性の高いオミクロン変異体によって深刻な影響を受けた国や地域からの旅行者や帰還者の検疫期間を、土曜日から現在の14日から10日間に短縮すると発表した。

後藤茂之厚生大臣が2022年1月14日に東京で記者団に語りかける。(共同通信)

日本以外のすべての国と地域から到着した人々を対象とするこの措置は、オミクロンが他のCOVID-19の亜種よりも潜伏期間が短いことを示唆する研究に続いています。

「入国後、自分の住居や宿泊施設などで自己検疫し、外国人移民健康監視センターによるフォローアップチェックを行い、公共交通機関の利用を控える必要がある期間。輸送は14日から10日に変更された」と述べた。

期間は少なくとも3日でしたが、オミクロンの亜種の出現に続いて政府が国境管理を強化した11月下旬に14日に延長されました。

この決定は、一般大衆の間でのオミクロン変異体の密接な接触のための隔離期間の同様の短縮に続いて、14日から10日になります。

政策変更に伴い、岸田文雄政権は社会的混乱を最小限に抑え、医療制度への圧力を回避するよう努めています。

後藤茂之保健相は先週金曜日、警察官や保育士、介護福祉士などの重要な労働者を自ら決定することで、隔離期間を短縮できると政府が地方自治体に通知したと述べた。

コロナウイルスに感染した人と密接な関係を持っていた医師や看護師については、厚生労働省が都道府県や地方自治体に、毎日陰性になれば働き続けることができるとの通知を出している。

しかし、最新の決定は、パンデミックの第6の波を経験している国の感染数の最近の驚くべき増加に対する国民の懸念を煽る可能性があります。

都道府県の報道によると、日本のコロナウイルス感染者数は、金曜日に9月1日以来初めて2万人を超え、1万人を超えてからわずか2日で現在のレベルに達した。

東京では、4,051件の新規症例が報告され、8月下旬以来初めて4,000件を超えました。 大阪府は2,826件、沖縄県は先週の日曜日から非常事態宣言が出ており、1,596件の感染があった。

吉村洋文大阪府知事は記者団に対し、COVID-19患者の病床占有率が35%に達した場合、西部県の非常事態宣言を中央政府に求めることを検討していると語った。 金曜日の時点での率は21.5パーセントでした。

準緊急措置には、知事が飲食店に営業時間の短縮とアルコールの提供の停止を要求できるようにすることが含まれます。

。日本は海外旅行者の検疫期間を10日に短縮する

Source#日本は海外旅行者の検疫期間を10日に短縮する

Leave a Comment