日本は次の波の可能性に備えています

オミクロンの亜種が世界中で定着するにつれ、日本は次の波の可能性に対抗するために医療システムを支えています。

保健省によると、病院には全国で37,000人のCOVID患者を受け入れる能力があります。 これは以前よりも約10,000多いです。

多くのCOVID患者は、ベッドの深刻な不足のために、昨年の夏の感染の波の間に入院しませんでした。 さらに、最前線の労働者が不足しているため、COVID患者の病床の約68パーセントしか占有されていませんでした。

省はそれを82パーセントまで引き上げるために取り組んでいます。

彼は、スタッフ不足を経験している病院に派遣できる医療従事者を準備することを計画しています。

東京の河北総合病院は、コロナウイルス患者の病床数を増やすことに成功しました。 しかし、欠点があります。 病院の副所長である岡井隆宏氏は、「コロナウイルス患者の病床を確保しているため、他の患者の治療能力に影響を与えるだろう」と語った。

当局もワクチン接種の取り組みを強化しています。

日本の保健相は、ブースターワクチンがもっと早く利用可能になることを望んでいると述べた。 現在の間隔は全体で8か月です。 これまでのところ、政府はブースターショット用のファイザーワクチンのみを承認しています。 保健省は、12月15日の時点で、Modernaワクチンも承認するかどうかを決定する予定です。

火曜日に、日本の保健当局は、115の新しいコロナウイルスの症例と2つの死亡を確認しました。

東京は19の新しい感染を報告しました。







日本は次の波の可能性に備えています

Source#日本は次の波の可能性に備えています

Leave a Comment