日本は極超音速兵器を迎撃するために地対空ミサイルを改造する

日本は既存の地対空誘導ミサイルを改造して極超音速滑空兵器を迎撃できるようにすることを計画しており、これは中国やロシアなどの国が開発中であると考えられている。

政府は、陸上自衛隊が2029年度に配備する03式中距離誘導ミサイルの改修版を、26年度に向けて発射ソフトウェアをアップグレードした後、同年4月から量産することを目指している。ソース。

「総合的な防空・ミサイル防衛」能力を高める取り組みの一環として、政府は、今年の終わりまでに見直されると予想される長期的な政策ガイドラインである国家安全保障戦略で、ミサイル迎撃機の改修に言及する予定である、と情報筋は述べた。 .

写真は03式中距離地対空ミサイル。 (写真提供:陸上自衛隊)(共同)

自衛隊の高官によると、現在のミサイル防衛能力では、超音速滑空兵器を迎撃するのは難しい。

現在、海上自衛隊のイージス駆逐艦には、スタンダード ミサイル 3 インターセプターが搭載されており、大気圏外で飛来するミサイルと交戦する任務を負っています。 迎撃に失敗した場合、航空自衛隊の地上配備型パトリオット・アドバンスト・ケイパビリティー3迎撃機が低層で反撃する。

射程が数十キロメートルの03式ミサイルは、2003年に陸上自衛隊が航空機を迎撃するために採用されました。 ミサイルは 2017 年に最初に改造され、低空飛行の巡航ミサイルと高速で飛来する飛翔体に対処できるようになりました。

計画された改修では、極超音速兵器の飛行経路を予測して追跡し、レーダーでそれらを検出するタイプ03ミサイルの能力が追加されました.

しかし、極超音速兵器を開発するための主要な軍事大国間の競争が激化しており、技術が進歩し続けることが期待されているため、改修されたミサイルが日本が極超音速兵器に対抗できるかどうかは依然として不明である、と情報筋は述べた。

日本の浜田防衛相と米国のロイド・オースチン防衛相は、9月に国防総省で会談した際、両国が極超音速兵器に関する共同技術研究を行うことに合意した。

中国の軍備増強、北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射、ロシアによるウクライナでの長期化する戦争など、高まる安全保障上の課題に直面している岸田文夫首相は、予算を大幅に引き上げて防衛力を「根本的に」強化することを誓った。

日本は極超音速兵器を迎撃するために地対空ミサイルを改造する

Source#日本は極超音速兵器を迎撃するために地対空ミサイルを改造する

Leave a Comment