日本は東京でのCOVID準緊急事態の拡大を検討している。

日本は、東京と9都道府県のCOVID-19準非常事態宣言を、3月6日の終了予定日を超えて延長することを検討していると政府筋は日曜日に述べた。

岸田文雄首相は、COVID-19患者の病床の半分以上がこれらの地域で埋め尽くされ続けているため、地域のパンデミック状況について県知事に質問し、保健専門家に相談してから、約2週間の延長を決定します。言った。

月の初めに、岸田は、オミクロンの亜種の広がりのペースが鈍化し続けた場合、彼の政府は3月6日までに措置を解除する可能性があると述べた。

日本の岸田文雄首相(Lから2番目)が2022年2月12日に東京の羽田空港を訪れ、職場のCOVID-19ワクチン接種プログラムを視察しました。(京堂)

現在、日本の47都道府県のうち31都道府県では、3月6日まで、飲食店やバーの営業時間制限や都道府県間の不必要な移動を控えるという準緊急事態が発生しています。

東京に加えて、政府は埼玉県、千葉県、神奈川県、岐阜愛知県、三重県、京都県、大阪県、兵庫県の緊急措置の延長を検討している。

そのうち、東京と6都道府県は、月初めに2月13日から3月6日まで緊急措置の期限を延期した。

京都、大阪、兵庫は、2月27日から3月6日まで緊急措置が延長された17都道府県の1つでした。

日曜日に、日本では63,000を超える新しいコロナウイルスの症例が報告され、1週間前から約10%減少しました。


関連する報道:

日本は5-11歳の子供のためのCOVID-19ワクチン接種を開始します

COVID第6波が衰退する中、日本は国境管理をさらに容易にすることを目指しています

日本はCOVID準緊急事態を17の県で拡大し、他の5つの県で終了する


。日本は東京でのCOVID準緊急事態の拡大を検討している。
Source#日本は東京でのCOVID準緊急事態の拡大を検討している

Leave a Comment