日本は昨年、74人に難民認定を与えました。これは過去最高です。

日本の入国管理局によると、昨年、国は74人の外国人に難民認定を与えました。これは、1982年に記録管理が開始されて以来最大の数です。

入国管理局によると、2021年に2,413人の外国人が難民申請をした。その数は前年より1,523人減少し、4年連続で減少した。

難民認定者数は74名で、前年より27名増加しました。

昨年2月に軍事クーデターが発生したミャンマーから32名、中国から18名、アフガニスタンから9名が続いた。

一方、日本は難民の地位を与えていなくても、人道上の理由で580人が国内に滞在することを許可した。 この数字は過去最高で、前年度から536増加しました。

これらの人々のうち、498人がミャンマー出身で、6人がシリア出身でした。







日本は昨年、74人に難民認定を与えました。これは過去最高です。
Source#日本は昨年74人に難民認定を与えましたこれは過去最高です

Leave a Comment