日本は昨年、過去最低の811,604人の出生を確認しました

厚生労働省が金曜日に発表したデータによると、2021年の日本の出生数は前年比3.5%減の811,604人で、過去最低の水準に達した。

この数字は、最初に100万を下回った2016年以降減少しており、現在は80万を下回る軌道に乗っています。

出生数には、日本に住む日本人のみが含まれます。 2月に発表された、国内外に住む日本人と日本に住む外国人を含む暫定値は、2020年から3.4%減少した842,897人でした。

女性の平均出生数を示す日本の合計特殊出生率も、2021年には前年比0.03ポイント低下して1.30となった。

数は6年連続で減少しました。 この数字は、COVID-19のパンデミックの影響が最も顕著であった2020年からさらに低下し、数が追跡されて以来4番目に低いポイントに達しました。 …読み続けて

6月4日(ANNnewsCH)-厚生労働省は去年、生まれた赤ちゃんは81万1604人で、繁茂少


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本は昨年、過去最低の811,604人の出生を確認しました
Source#日本は昨年過去最低の811604人の出生を確認しました

Leave a Comment