日本は春にCOVID-19をインフルエンザの状態に引き下げる

東京1 月 20 日 (Japan Today) – 日本の岸田文夫首相は金曜日、COVID-19 の法的地位を春の季節性インフルエンザに相当するものに格下げする計画を発表しました。国は正常に戻ろうとしています。

岸田氏は、専門家と政府関係者にCOVID-19の状態を下げる方法について詳細を話し合うよう指示したと述べた。 また、この変更により、自己隔離ルールやその他のウイルス対策要件が削除され、COVID-19 患者が専門施設だけでなく、どの病院でも治療を受けられるようになります。

岸田首相は「新型コロナウイルスとの共存に向けた対策を模索しながら、日本での日常生活に戻るため、具体的な対策を検討し、徐々に次のステップに進んでいく」と述べた。

日本では、COVID-19 は現在、SARS や結核とともに第 2 種疾患に分類されており、中央および地方当局が緊急措置を講じることを許可している一方で、患者とその濃厚接触者の移動が制限されています。 クラス 5 に格下げすると、これらのルールが削除されます。

計画された変更は、社会的および経済的活動の正常化に向けた日本のCOVID-19政策の大きな転換点となるでしょう。 …読み続けます


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本は春にCOVID-19をインフルエンザの状態に引き下げる

Source#日本は春にCOVID19をインフルエンザの状態に引き下げる

Leave a Comment