日本は早期に一般向けのCOVIDブースターワクチンを開始する

保健相によると、日本の一般市民向けのCOVID-19ブースターワクチンは、伝染性の高いオミクロン変異体の蔓延によって新たな症例が急増する中、当初の予定よりも早く開始されるという。

後藤茂之氏は記者団に対し、政府は2回目と3回目の予防接種の間隔を現在の8ヶ月から18歳から64歳まで1ヶ月、原則として64歳から6ヶ月まで1ヶ月短縮する。

後藤茂之厚生大臣が2022年1月13日に東京のジャーナリストと話す。(共同通信)

しかし、この変更により、予防接種キャンペーンの実施を担当する自治体は、住民にタイムリーに予防接種チケットを送付するなど、それを実行するという困難な作業を行う可能性があります。

岸田文雄首相は木曜日のテレビ番組で、政府は可能であれば、18歳から64歳までの人々のブースター注入間隔をさらに1か月から6か月に短縮するよう努めると述べた。

研究者やワクチンメーカーによると、ウイルスに対する防御力は時間の経過とともに低下する可能性がありますが、3回分のmRNAワクチンはオミクロンに対する免疫を提供します。

南アフリカが昨年11月に報告した後、高度に変異した新しい変異株は、米国およびその他の地域で優勢な株になりました。

首都東京では木曜日に3,124件の新規感染が報告され、4か月以上ぶりに3,000件を超え、7日間の移動平均で約1,500件の新規COVID-19感染が発生しました。

彼は、症例が現在の割合で増加した場合、7日間の平均は1週間で1日あたり9,576に上昇すると予測しています。

最近の感染症の急増に対応して、先月、医療従事者とナーシングホームの高齢者の3回目の投与間隔が6か月に短縮され、65歳以上の他の人々は7%のブースターショットを受けることができました。 2月からの月の間隔。

岸田文雄は後に、政府が予防接種の間隔をさらに短縮することを示し、保健省に一般住民のために追加接種ワクチンを早期に開始する可能性を研究するよう促した。

日本はまた、入院能力を37,000人のCOVID-19患者に増やしました。これは、パンデミックの第5波の最悪の事態に見舞われたときのレベルよりも30パーセント多くなっています。

。日本は早期に一般向けのCOVIDブースターワクチンを開始する

Source#日本は早期に一般向けのCOVIDブースターワクチンを開始する

Leave a Comment