日本は早ければ10月にオミクロンを標的としたCOVIDワクチンを展開する.

日本政府は、Omicron バリアントに有効と考えられる新型の COVID-19 ワクチンを早ければ 10 月にも展開する予定である、と事情に詳しい情報筋は金曜日に述べた。

いわゆる二価ワクチンは、既存の COVID-19 ショットに使用される成分と、オミクロン バリアントの BA.1 サブタイプに由来する成分を組み合わせており、現在全国で流行している BA.5 サブバリアントの拡散を抑制することが期待されています。

新しいワクチンは、米国の製薬会社であるファイザー社とモデルナ社によって開発されています。これらの製品は、BA.1 亜型に対する中和抗体を増加させ、BA.5 亜型にもある程度有効であることが報告されています。

情報筋によると、両社は、日本で使用される製品の承認を近く申請する予定です。

月曜日に開催される厚労省のパネルは、日本が新しいワクチンを導入すべきかどうかを議論する、と情報筋は述べた。

政府は、重度の症状を発症するリスクが高いため、最初に高齢者や持病のある人に利用できるようにすることを計画しています。 それがどれほど効果的であるかによっては、より若い人々がショットの対象となる可能性があります.

日本の 1 日あたりの感染者数は水曜日に過去最高の 249,830 人に急増し、伝染性の高い BA.5 亜種によって引き起こされたパンデミックの第 7 波の中で、7 月初旬からその数は増え続けています。

製薬会社はまた、ヨーロッパで新しいワクチンを展開することを計画しています.

.日本は早ければ10月にオミクロンを標的としたCOVIDワクチンを展開する.
Source#日本は早ければ10月にオミクロンを標的としたCOVIDワクチンを展開する

Leave a Comment