日本は戦闘機とミサイルの12カ国への輸出を可能にする

日本政府は、戦闘機、ミサイル、その他の武器の輸出を、インド、オーストラリア、ヨーロッパ、東南アジアの一部の国々を含む12か国に許可することを計画していると日経は学んだ。 輸出を許可するための規制の変更は、来年3月までに行われる可能性があります。

政府は、東京と個別の安全保障協定を締結している国々と協力することにより、中国に対する抑止力を強化することを目指しています。

これらの国には、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアが含まれます。

2014年、日本は防衛装備品の移転に関する原則を確立し、輸出を禁止していた規制を緩和した。 しかし、それでも致命的な武器の輸出は禁止されています。

原則として、日本と共同で武器を開発していない国への輸出は、救助、輸送、警告、監視および掃海任務のための装備に限定されている。

しかし、緩和は政府の経済財政管理と改革に関する政策に含まれ、6月に最終決定される予定です。 原則は、今年末に実施される予定の国家安全保障戦略が策定された後に改訂される予定です。

日本は、米国と英国との間で、新しい戦闘機と中距離対空ミサイルの開発を計画しています。

輸出顧客は日本の製造業者が彼らの生産コストを下げることを可能にするでしょう。 これにより、日本政府の調達コストも削減され、財政負担も軽減されます。 …読み続けて


ポリシーページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本は戦闘機とミサイルの12カ国への輸出を可能にする
Source#日本は戦闘機とミサイルの12カ国への輸出を可能にする

Leave a Comment