日本は後半のペナルティでブラジルにわずかな敗北を喫

ネイマールが南米に77分のペナルティを課した後、日本は国際親善試合でブラジルに1-0で敗れた。南米はシュート数を支配したが、ホームチームの頑固な守備を打ち破るのに苦労した。

パリ・サンジェルマンのスター、ネイマールがキーパーの権田修一を間違った方向に送ったことで、遠藤航が東京の雨の国立競技場で代役のリシャルリソンを倒したことで罰せられるまで、サムライブルーは続いた。

ブラジルのネイマール(10)は、2022年6月6日に東京の国立競技場で開催された日本との国際親善試合の後半のペナルティーキックから、11月に始まるワールドカップ決勝のウォームアップとしてゴールを決めました。 inQatar。 (共同通信)==共同通信

ワールドカップのウォームアップは、63,638人の観客で埋め尽くされた再建されたスタジアムでの日本初のインターナショナルでした。

FIFAランキング23位の日本は、三笘薫の代役としての後半のペナルティアピールを拒否され、世界一のブラジルに勝つことなく残っています。

木曜日にパラグアイを4-1で下した森保一監督は、韓国が5-1で解体されたブラジルの衣装に対抗したことで日本を称賛したが、11月のワールドカップ開幕前にはさらなる改善が必要だと語った。 inQatar。

「必要なときに辛抱強く戦った」と森保は語った。 「攻撃を受けていても、チームは挑戦に立ち向かった。」

「世界の舞台で戦えることを示すこともありましたが、勝つためにはまだ品質を向上させる必要があります。」

ネイマールのバックヒールがルーカス・パケタをボックス内で見つけたとき、ブラジルはキックオフから数分以内に脅迫したが、ミッドフィールダーの低い努力が左のポストに当たったため、ホストはフックを外された。

リバプールの攻撃者である南野拓実の素晴らしいドリブルが、35メートル先のフリーキックを日本にもたらしました。板倉滉が9分にフリーヘッダーを送りました。

ゴンダは10分後、もう一方の端で行動を起こし、ダニエウ・アウベスにプレーされた後、足を使ってラフィーニャのローストライキを拒否しました。

遠藤はコーナーからちょうど大きく進んだ。一方、カゼミーロもフリーキックから近づき、ボックスの端からのネイマールのカーリングの努力がゴンダをダイビングセーブに追いやった。その後、ブラジル人からの執拗なプレッシャーが続いた。

ブラジルのネイマール(R)は、2022年6月6日に東京の国立競技場で開催された日本との国際親善試合の前半で、11月にカタールで始まるワールドカップ決勝のウォームアップとしてシュートを放ちます。 (共同通信)==共同通信

攻撃者からのきちんとしたフットワークに続いて、日本のディフェンスはビニシウスジュニアを混雑させたが、訪問者のトリックは、日本のミッドフィールドからのミスと相まって、危険な位置からの一連のブラジルのフリーキックをもたらした。

サムライブルーはハーフタイムに向かうことを認めなかったが、ブレーク後もブラジルが支配的であり、ネイマールの近距離での努力がコーナーでブロックされ、ラフィーニャが大きくブラストした。

原口元気に代わってハーフをスタートした鎌田大地は、60分を許さずに通過した日本にとって、中盤で待望の時間を提供した。

ブラジルはロングボールを放ち始め、ネイマールはキーパーのアリソンからパスを胸に集めたが、64分に板倉にボレーがブロックされたのを見て、ガブリエウマルティネリ、ガブリエウジーザス、リシャルリソンもオープナーを探しに来た。

ブラジルのネイマール(Rから2位)は、2022年6月6日に東京の国立競技場で開催された国際親善試合の後半に、日本のゴールキーパー権田修一(Rから3位)をペナルティーキックでゴールした後、反応します。 11月にカタールで始まるワールドカップ決勝のウォームアップ。 (共同通信)==共同通信

南野が相手ハーフでルーズボールを勝ち取り、左サイドバックの中山雄太にファーポストへのクロスを与えた71分、日本はようやくオープニングを切り開いたが、伊東純也はボレーオーバーしかできなかった。

デッドロックは6分後に解消され、ネイマールはレビューなしで論争の的となったペナルティ決定に続いて、その場でミスを犯しませんでした。

しかし、鎌田と合流した後、左下のボックスに入ったミトマは、4分後にペナルティを科せられた可能性がある。 彼は倒れたが、イランの審判アリレザ・ファガニは再びレビューなしでプレーを振った。森保一は激怒した。

日本は金曜日に神戸でガーナとの親善試合を行い、カタールで開催される2022年ワールドカップに向けてウォーミングアップを続けます。

ブラジルのサッカー代表チームのメンバーは、2022年6月6日に東京の国立競技場で開催された国際親善試合で日本を1-0で破った後、カタールで11月に始まるワールドカップ決勝のウォームアップとして手をたたきます。 (共同通信)==共同通信

日本のサポーターは、2022年6月6日に東京の国立競技場で開催されるブラジルとの国際親善試合の前に、カタールで11月に始まるワールドカップ決勝戦のウォームアップとしてスタンドで歓声を上げます。 (共同通信)==共同通信


関連する報道:

サッカー:日本がパラグアイに4-1の親善試合で勝利

注目株の三笘薫がワールドカップのスタート地点をサムライブルーで狙う


。日本は後半のペナルティでブラジルにわずかな敗北を喫
Source#日本は後半のペナルティでブラジルにわずかな敗北を喫

Leave a Comment