日本は尖閣を守るために高速ミサイルの射程を延長することを検討している

日本は、日本が運営する尖閣諸島を含む離島をより適切に防御するために、開発中の新しい高速ミサイルの射程を 1,000 キロメートル以上に延長することを検討している、と政府筋は日曜日に述べた。

北朝鮮の核とミサイルの脅威と自己主張の中で日本が抑止力を強化している時に、長距離地上配備型ミサイルの計画されたアップグレードは、中国と北朝鮮の沿岸地域を射程内に入れるだろう. .

2012 年 9 月に撮影された、東シナ海の尖閣諸島を示す資料写真。 (経堂)

尖閣諸島は、東シナ海の無人島群の領有権を主張する東京と北京にとって長い間摩擦の原因となってきた。

北朝鮮は、今年初め以来、日本上空を通過した弾道ミサイルを含め、前例のない速度で弾道ミサイルを発射しています。

日本が開発を望んでいるミサイルには、迎撃を困難にする多くの機能が含まれています。

モバイルランチャーから発射された後、弾頭は高高度で分離し、不規則な弾道をたどって移動し、超音速で目標に向かって滑空します。

ミサイルの研究は2018年度から始まり、現在の試作品の射程は数百キロ。 これらは来年度から量産され、2026年度に配備される予定です。アップグレードされたバージョンは、航続距離が1,000kmを超えます。

この動きは、日本が独自のスタンドオフ ミサイルを開発しようとしているときに起こります。このミサイルは、敵の船を射程外から攻撃することができ、陸上だけでなく、船や航空機からも発射できます。

陸上自衛隊の12式地対艦誘導ミサイルの射程距離を伸ばす計画だ。

さらに、政府関係者によると、日本は米国が開発したトマホーク巡航ミサイルの購入を検討しており、これは射程が最大 2,500 km で、比較的低高度で飛行できるため、抑止力を強化することができます。

日本は尖閣を守るために高速ミサイルの射程を延長することを検討している

Source#日本は尖閣を守るために高速ミサイルの射程を延長することを検討している

Leave a Comment