日本は宗教団体による販売の影響を受けた人々を助けるための法案を作成します

日本政府は金曜日、統一教会やその他の宗教団体の疑わしい販売慣行によって経済的に影響を受けた人々を助けるために、消費者契約法を改正するための一対の法案を準備した.

政府はまた、宗教団体が悪意を持って寄付を募った場合に刑事罰を課す別の法律を計画しており、近く与野党に寄付する予定である、と与党自民党は述べた。

2022 年 9 月に撮影されたファイル写真には、東京の統一教会を収容する建物にある世界平和統一家庭連合の名前が示されています。 (木戸)

計画された法的審査は、統一教会の悪名高い慣行がますます脚光を浴びるようになり、一部のメンバーは、だまされて財政的に破滅的な寄付をしたと述べている.

このグループは、負の「祖先のカルマ」を呼び起こすなどの脅迫を通じて、花瓶やその他のアイテムを法外な価格で購入するよう人々に圧力をかける「精神販売」でも知られています。

政府による統一教会問題への対応もあり、支持率が急落した岸田文雄首相は、政府は12月10日まで進行中の国会会期中に法案を提出する意向であると述べた。

この 2 つの法案は、消費者契約法と国立消費者センター法という既存の法律を改正するものです。

政府は消費者契約法の改正で、消費者が心霊売買の契約を解除できる期間を現行の5年から2倍の10年に延長する方針だ。

親族の生命や財産を脅かされた後、強要された契約を取り消すことも検討している。

消費者センター法が改正されれば、消費者を保護するために、政府は必要に応じて、悪意のある行為に関与した組織の名前を公表できるようになります。

1954 年に韓国で忠実な反共主義者によって設立された統一教会は、現在、正式に世界平和統一家庭連合と呼ばれています。

2022年11月18日、東京都の首相官邸で閣議に出席する松野博一官房長官(左端)ら(共同)


関連記事:

親の宗教を気にする子供は「出口」システムを望んでいる:調査

日本、統一教会調査のガイドラインを議論


日本は宗教団体による販売の影響を受けた人々を助けるための法案を作成します

Source#日本は宗教団体による販売の影響を受けた人々を助けるための法案を作成します

Leave a Comment