日本は外国人観光客にマスクを着用して保険に加入するように頼む

政府は火曜日、日本が今週後半に段階的に訪問者の受け入れを再開するため、外国人観光客にフェイスマスクを着用し、COVID-19に感染した場合の医療費をカバーする保険に加入するよう求めると述べた。

観光省は、金曜日に観光目的での到着の受け入れが再開される前に、旅行代理店とホテルのガイドラインをまとめました。 入場は当初、米国、英国、中国、韓国、インドネシア、タイなど、感染のリスクが最も低い98の国と地域からのガイド付きツアーに制限されます。

国土交通大臣の斉藤鉄夫氏は記者会見で、「ガイドラインとコンプライアンスを理解することは、インバウンド観光の円滑な再開とその拡大につながるだろう」と語った。

斉藤鉄夫国土交通大臣が2022年6月7日に東京で記者会見を行う。(京堂)

ガイドラインに基づき、旅行代理店は、ツアーの販売または予約時に、遵守しなかった場合の罰則はないがツアーに参加できない可能性があることを説明することにより、ツアー参加者の同意を得て措置を遵守します。

ガイドラインでは、旅行代理店が混雑した地域を避け、ウイルス対策を徹底的に実施する施設を選択するためのツアールートを設定し、隔離のために多言語医療機関やホテルに関する情報を収集することも規定されています。

日本にいる間、代理店は新しいコロナウイルスに感染していることが判明したツアー参加者を医療機関に輸送し、彼らが国を離れるまで彼らを支援します。 また、帰国後1週間以内に新規コロナウイルスに感染していることが判明した場合は、参加者に通知するよう求めます。

代理店は、訪問した場所や公共交通機関のどこに座ったかなど、ツアーの記録を保持します。これにより、参加者が感染していることが判明した場合、隔離する必要のある密接な連絡先をすばやく特定できます。

親密な関係にない人はツアーを続けることができます。

観光旅行の再開に先立ち、日本は米国、オーストラリア、シンガポール、タイからのインバウンド旅行者を対象にテストツアーを実施しました。 参加者がウイルスの検査で陽性を示した後、タイのグループのツアーは中断されました。

国は、その厳しい国境管理のために国内外で攻撃を受けた後、他の7カ国のグループに匹敵することを求めて、外国人訪問者の入国制限を徐々に緩和している。

しかし、感染症の再発の可能性について懸念が政府内に残っているため、国が個々の観光客に国境を再開するのにしばらく時間がかかる可能性があります。

水曜日の日本は、国への毎日の到着の上限を2倍にして20,000に増やし、ほとんどの人がCOVID-19検査と検疫期間を放棄することを許可しました。 今後のガイド付きツアーの参加者は、1日あたり20,000の到着割り当てに含まれます。


関連する報道:

COVIDが後退する恐れがあるため、日本は1日あたりの到着上限を20,000に拡大

パンデミックにより2021年に発行された過去最低の90,300の日本ビザ


。日本は外国人観光客にマスクを着用して保険に加入するように頼む
Source#日本は外国人観光客にマスクを着用して保険に加入するように頼む

Leave a Comment