日本は国連安全保障理事会で記録的な12番目の非常任理事国入りを確保

日本は、木曜日の総選挙で、国連安保理の常任理事国入りを過去最高の12回目に確保し、その2年間の任期は来年1月に開始される予定です。

東京の復帰は、国際の平和と安全の確保を担当する安保理が機能不全に陥ったこと、特に常任理事国の5つのうちの1つであるロシアが、進行中のウクライナへの侵略に対して拒否権を行使したことによるものです。

日本は1956年に国連に加盟し、改革された安全保障理事会の常任理事国になるという野心を長い間表明してきました。 この国は、2017年12月までの2年間で、15人のメンバーからなる評議会で最後に非永続的な任期を務めました。

国連安全保障理事会は、2022年5月26日にニューヨークで北朝鮮に厳しい制裁を課そうとする決議に投票します。中国とロシアは決議に反対しました。 (写真提供:国連)(共同通信)

林芳正外相は声明のなかで、安保理決議違反が繰り返されているにもかかわらず、安保理はロシアの侵略や北朝鮮の核・ミサイル活動に「効果的に機能できない」ため、「困難な時期」に直面していると述べた。 。

「日本は、安保理が期待される役割を果たすために、緊密なコミュニケーションと慎重な対話を通じて他国と協力することにより、法の支配に基づく国際秩序の維持と強化を目指す」と林氏は付け加えた。

他の4人の新会員は、10の非常任議席の半分の年次選挙で承認されました。 議席を確保するには、各国が193か国で構成される総会で少なくとも3分の2の票を獲得する必要があります。

184票を獲得した日本は、アジア太平洋地域から、アフリカからモザンビーク、ラテンアメリカからエクアドル、西ヨーロッパおよびその他の州のカテゴリーからスイスとマルタから選ばれました。

5か国は、アルバニア、ブラジル、ガボン、ガーナ、アラブ首長国連邦に加わり、インド、アイルランド、ケニア、メキシコ、ノルウェーに取って代わります。

ロシアのウクライナ侵攻を非難する米国主導の安保理決議案が、2月24日の軍事作戦開始の翌日にモスクワによって拒否されて以来、国連は効果的な措置を講じることができなかった。

評議会の11名の議員が決議に投票し、中国を含む3名が棄権した。 議会の拒否権を行使する常任理事国5名は、すべて核兵器国であり、ロシアに加えて、米国、中国、英国、フランスが含まれています。

世界的な組織の機能不全を浮き彫りにするさらに別の象徴的な動きで、中国とロシアは先月、北朝鮮に対する制裁を強化することを目的とした決議を拒否した。 今年初めからの一連のミサイル実験の後、3月に平壌が大陸間弾道ミサイルを発射した後、ワシントンによって起草された。

安全保障理事会は、2006年以来、北朝鮮のミサイルおよび核開発プログラムを抑制することを目的とした決議を可決した。

日本は国連改革を呼びかけていると同時に、安保理常任理事国入りを望んでいます。 ワシントンは東京の入札を支持している。

2017年12月、日本は2023年からの任期の常任理事国入りの入札を発表し、「国連改革が実現するまでできるだけ頻繁に」評議会の議席を確保することが重要であると述べた。

外務省によると、日本は1月の評議会の回転議長を占める。

。日本は国連安全保障理事会で記録的な12番目の非常任理事国入りを確保
Source#日本は国連安全保障理事会で記録的な12番目の非常任理事国入りを確保

Leave a Comment