日本は北京で男子チームスキージャンプで5位に終わった

日本は月曜日の北京オリンピックでの男子チームスキージャンプイベントで5位に終わり、小林陵侑が2022年のオリンピックで3度目のメダルを獲得するという希望を打ち砕きました。

小林潤志郎、兄の中村直幹、佐藤幸椷の日本チームは882.8ポイントを獲得し、オーストリアの金メダルを獲得したチームに60ポイント近く差をつけました。

スロベニアはシルバー、ドイツはブロンズを獲得しました。

日本の小林陵侑は、2022年2月14日に中国の張家口にある国立スキージャンプセンターで開催された北京冬季オリンピックの男子チームスキージャンプの第1ラウンドで空中を舞い上がります。 (共同通信)==共同通信

侑侑は134.0メートルと132.5メートルの2つの強いジャンプを提供しましたが、チームの他のメンバーは遅れました。 中村と純城は2回目のジャンプで計算ポイントに到達しなかったため、追加の距離ポイントを逃しました。

「チームとして、結果は非常に苛立たしいものでした。しかし、みんながそれを感じているのは良いことだと思います」と涼侑は言いました。 「この欲求不満をみんなと共有し、私たちのレベルを一緒に上げたいと思います。」

25歳の彼は、気温がマイナス20度前後に下がり、強風が渦巻くこのような厳しい状況で、各チームメンバーの回復力が試されると語った。

「これから何をするかが重要だ」と彼は言った。

侑侑は「この世では、追いつくだけでは取り残されてしまうので、少しずつレベルを上げていきたい」と語った。

日本は、2014年にソチで銅メダルを獲得したときに、このイベントで最後にオリンピックメダルを獲得しました。

小林陵侑は、試合の早い段階で男子ノーマルヒルゴールドとラージヒルシルバーを獲得しましたが、混合チームと男子チームの両方のイベントで、それぞれの素晴らしい個人的なパフォーマンスにもかかわらず、表彰台を逃しました。

。日本は北京で男子チームスキージャンプで5位に終わった
Source#日本は北京で男子チームスキージャンプで5位に終わった

Leave a Comment