日本は価格を安定させるために米国との石油埋蔵量の解放を検討している

岸田文雄首相は、日本は、原油価格の上昇を抑えるために、米国や他の国々とともに、埋蔵量から石油を放出することを検討していると述べた。

決定すれば、日本が石油埋蔵量を下げて値下げするのは初めてであり、政府当局者は関連法を検討するのではなく、主に余剰在庫の使用を検討している。

2021年10月13日に撮影された写真は、東京のガソリンスタンドを示しています。 (共同通信)

岸田文雄氏は、ガソリンなどの燃料価格の高騰が消費者に圧力をかけていることから、可能性について尋ねられた西日本の松山市の記者団に、「私たちは何ができるかを考えている」と語った。コロナウイルスのパンデミックによって。 。

しかし、日本政府には、供給不足以外の時期に石油備蓄を解放することを警告する声があります。

自然災害や海外での政情不安に続く供給の懸念に対処するために、保護区を利用するという過去の決定がなされました。 日本は、湾岸戦争と2011年3月の東北地方太平洋沖地震と津波の影響を含め、これまでに5回のリリースを行っています。

石油貯蔵法の下では、そのような状況でのみ放出が許可されており、当局は、より低い価格でそれを検討することは時間がかかり、非現実的であると信じています。

しかし、政府が使用できる日本の現在の準備金目標を超える金額は、法律によって制限されないだろうと彼らは言った。

岸田文雄は金曜日、石油卸売業者と輸入業者がガソリン価格を抑えるための補助金プログラムを含む、55.7兆円(4900億ドル)の記録的な財政支出を伴う経済刺激策を承認した。重荷。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、金曜日の記者会見で、日本や他の国々との緊急在庫の調整されたリリースの可能性についての質問に答えて、ワシントンがいくつかの国の指導者と話し合って、原油の適切な供給。 油、しかし詳しく説明しませんでした。

日本政府は、自然災害に備えて備蓄を枯渇させる可能性があるため、武器の利用をためらっているが、ガソリン価格の上昇という共通の問題のため、米国の要求を拒否することは「選択肢ではない」と述べた。

消費量の約9割を中東の産油国に依存している日本は、1970年代から原油埋蔵量の保有を開始しました。

日本には3種類の石油埋蔵量があります。企業が保有する国有埋蔵量と産油国に貯蔵されている石油埋蔵量です。

日本は国際エネルギー機関の一員として、前年からの純輸入量の90日分に相当する石油埋蔵量を保有する義務がありますが、民間の緊急備蓄の量は、前年の石油消費量の70日を超えなければなりません。

最新の政府によると、9月末現在、日本は242日間の国内消費、そのうち145日間は国有、90日間は民間部門の埋蔵量を有しており、残りの量は産油国と共同で貯蔵されている。 。 今月発表されたデータ。

市場はすでに米国や他の国々が石油埋蔵量を解放するという憶測に反応しており、米国の原油先物は金曜日の10月初旬以来の最低水準に落ち込んだ。

この下降傾向に基づいて、日本の石油業界の関係者は、打ち上げに焦点を当てる米国政府の戦略は「過熱した市場を冷やすことを目的としており、成功する可能性がある」と述べた。


関連する報道:

日本の内閣は、記録的な55.7トリルで刺激を承認します。 支出円

米国の明るい経済見通しの中で、ドルは円に対してほぼ5年ぶりの高値を付けました。

APEC首脳は、統合を進め、経済回復に取り組むことに同意する


。日本は価格を安定させるために米国との石油埋蔵量の解放を検討している

Source#日本は価格を安定させるために米国との石油埋蔵量の解放を検討している

Leave a Comment