日本は中国にジャイアントパンダが来て50周年を迎える

© 新華社提供

中国のジャイアントパンダ、カンカンと仲間のランランの来日50周年を祝うために、日本のジャイアントパンダのファンが上野動物園に詰め掛けました。

東京、10月31日(新華社通信) — 中国のジャイアントパンダが日本に来て50周年を記念して、東京の上野動物園は最近、「ジャイアントパンダ郵便局」を設置した。

金曜日の早朝、訪問者は動物園の郵便局に群がり、アニバーサリー用の限定版のジャイアント パンダ切手を購入しました。

長い行列の中で熱心に待っている「真の愛のファン」に話しかけると、日本でパンダがどれほど人気が​​あるかを垣間見ることができました.

「23の国と地域にジャイアントパンダを見に行きました。」 「私もジャイアントパンダの夢です。」 「50年前、私はジャイアントパンダを見るために会社を休んでいました。」

1972年10月28日、国交正常化を記念して中国から贈られたジャイアントパンダのペア、カンカンとその仲間のランランが上野動物園に到着し、空前のパンダブームを巻き起こしました。日本。

ジャイアントパンダ到着前は約400万人だった同園の年間入場者数は、1973年には過去最高の920万人に達した。

© 新華社提供

記念切手を買う行列には、ジャイアントパンダ柄のマスクをしたり、ジャイアントパンダ柄のバッグを持ったり、パンダのアクセサリーをまとったり、ジャイアントパンダの人形を抱えたりする人もいました。 白髪の男でも、せせらぎの男の子でも、彼らはジャイアントパンダへの愛を自分たちのやり方で表現しました。

「ジャイアントパンダリポーター」として知られる中川美穂さんが列の先頭に立っていた。 彼はジャイアントパンダを見るために23の国と地域を訪れたと新華社通信に語った。 2019 年には、ジャイアント パンダに関するモノグラフを出版し、世界中のジャイアント パンダの物語を紹介しました。

今日、中川は専任の記者になり、ジャイアントパンダ関連の写真を毎日何枚か撮り、インターネット上で日本人と共有しています。

菊江久恒さん(73)は新華社に対し、50年前にパンダを見に上野動物園を訪れたことを語った. 「ジャイアントパンダが見られると聞いて、特別許可を求めました」 現在、定年退職した久恒は、より多くの訪問者、特に子供たちがパンダについて学ぶのを助けるために、動物園でジャイアントパンダのボランティアになりました.

有名な日本の落語家である林家三平も、記念日に妻と一緒に動物園に登場しました。 子供の頃から上野動物園の近くに住んでいた林家さんは、ジャイアントパンダを見た時のことを今でも覚えています。

「当時私は5歳で、パンダを見るために非常に長い列に並ばなければなりませんでした」と林谷さんは言い、父親になった今、彼は息子と一緒にパンダを見によくここに来ると付け加えた. .

© 新華社提供

上野市観光連盟名誉会長であり、常勤ジャイアントパンダ大使でもある二木忠雄さんは、ジャイアントパンダ人形のコレクションを数多く持っています。 「ジャイアントパンダは上野を元気にします」と彼は言った。

上野動物園のある上野公園周辺には、パンダをテーマにしたパン屋さんやカフェ、レストラン、お土産屋さんがあちこちに。

大阪府の関西大学の宮本勝浩名誉教授は、2017 年に生まれたジャイアント パンダのシャンシャンを例に挙げ、メスが上野に 267 億円 (1 億 8100 万ドル) の経済効果をもたらしたと推定しました。公園とその周辺。 近隣店舗。

「うわー、それはとてもかわいいです!」 午前10時、上野動物園のパンダの森が開門。 興奮した声が群集に響き渡った。 カメラのシャッターがガタガタ鳴り続け、ジャイアントパンダがねじれたり向きを変えたりして、来場者を楽しませていました。

上野動物園の元園長である土井利光氏は、新華社通信に対し、上野動物園は過去50年間、ジャイアントパンダの繁殖に多大な努力を払ってきたと語った。

「パンダが子供を産むとき、私たちはいつも中国のインストラクターにその場で私たちを案内してもらいました。彼らは非常に熟練しており、細部までプロであり、私たちにすべてを教えてくれました」と土井は言いました。

インタビューでは、多くの来場者がパンダへの深い愛情を表明しました。 「ジャイアントパンダは私たちの大切な子ども。生まれてから成長する姿を見ていると、その一挙手一投足が心に響きます」

「ジャイアントパンダは平和と幸福の大使です。私たちはいつまでもパンダを愛します」二木さんの言葉は、ジャイアントパンダを愛する日本人の心に響きました。

日本は中国にジャイアントパンダが来て50周年を迎える

Source#日本は中国にジャイアントパンダが来て50周年を迎える

Leave a Comment