日本は上場企業にジェンダーギャップの開示を要求しない

日本の金融規制当局へのパネルは、先進国の中で最悪の日本のジェンダー賃金の不平等に対処するという岸田文雄首相の目的に沿って、上場企業に労働力のジェンダー格差を開示することを要求する提案について月曜日に青信号を出しました。

企業開示に関するパネルによって承認された規則の下で、金融庁は、国内の4,000ほどの上場企業に、賃金、管理職、および年次財務に育児休暇をとる男性従業員の割合に性差を含めることを要求します。レポート。

岸田文雄は夏までに女性のエンパワーメントに関する規制を改正し、企業に職場の男女共同参画の状況を開示するよう要請することを目指しているため、承認されました。

政府は、男女平等に関するより厳しい開示規則を実施することを計画しており、300人以上の従業員を抱えるすべての企業がWebページに賃金格差データを提供することを義務付けています。 現在、国内にはそのような企業が17,600社あります。 …読み続けてください


日本は上場企業にジェンダーギャップの開示を要求しない
Source#日本は上場企業にジェンダーギャップの開示を要求しない

Leave a Comment