日本は一部の旅行者のために解体検疫を検討しています

日本は来月、コロナウイルスの症例が急速に増加していない国から到着する完全にワクチン接種されブースターされた旅行者の検疫と自己隔離の要件を終了することを検討している、と日経は学んだ。

オミクロンの亜種に対応して11月に課された厳格な国境管理を緩和する方法についての議論が始まった。 コントロールは3月に終了するように設定されています。

岸田文雄首相は間もなく新措置を発表する予定です。 来訪者の上限は、現在の3,500から1日5,000に引き上げられます。

政府は現在、すべての外国人および日本人旅行者が、ワクチン接種を受けていたとしても、入国後少なくとも7日間は隔離することを義務付けています。

この要件の潜在的な緩和は、感染から症状の出現までのオミクロン変異体の比較的短い潜伏期間に基づいています。 亜種が世界中の多くの地域に急速に広がり続けていることを考えると、変更は「現時点では特定の国に限定されている」と高官は述べた。

ワクチン接種を受けていない旅行者やCOVID-19が依然として深刻な問題を抱えている国から来る旅行者には、隔離要件が引き続き適用されます。

東京は11月にほぼすべての外国人旅行者の日本への入国を禁止し、予防接種の状況に関係なく、全面的な14日間の隔離要件を課しました。

これは先月末に最低7日間に短縮された場合もありましたが、日本は国境管理の厳格さにおいて外れ値のままです。 英国を含む他の国では、検疫期間が短縮または廃止されました。英国は、金曜日の時点で、英国に到着するワクチン接種を受けた旅行者の検査または隔離の必要性を停止しました。 …読み続けてください

水際防行動は、来月からしいする良いありこの者かかられい者や再入国者して7日間のない待通上いいますなな進行でははははと見しした国や地域からの入国者行動はは待ししををするするをすることをすることを3回目でくくチわくちの3回目選択しをせてててて待待たをするいます上上一日日入国者数の餌は3500人ですがができます入国もして5000人にさせるできるあり車田海岸田起きありですいいするをするいするをする







日本は一部の旅行者のために解体検疫を検討しています
Source#日本は一部の旅行者のために解体検疫を検討しています

Leave a Comment