日本はドイツを倒すために「流れに乗らなければならない」とコーチは言う

日本の森保肇監督は火曜日、ワールドカップのグループステージ開幕戦で手ごわいドイツチームを打ち負かそうとする際、選手たちは「流れに乗って」柔軟に対応するだろうと語った。

日本は、ワールドカップの初戦で、世界で最も危険な攻撃の 1 つを撃退するという困難な任務に直面しており、森保監督はチームに「状況に適応する」よう説教してきました。

「自分たちの最高のパフォーマンスを発揮し、アグレッシブに、粘り強くプレーしたい」と彼は語った。

2022 年 11 月 22 日、ドイツとのワールド カップのグループ 2 サッカー試合の 1 日前に、ドーハ近郊で記者会見に出席するサッカー日本代表の森保一監督 (左) と主将の吉田麻也. (経堂) == 経堂

ハリファ国際スタジアムで水曜日に行われるグループ E 開幕戦のラインナップについて尋ねられたとき、モリヤスは単純に 26 人の選手全員がフィットしていると述べ、ふくらはぎの負傷に対処しているスポルティング リスボンのミッドフィールダー、森田英正が出場可能であることを示した。

アジアのチームは当初、トーナメントで苦戦していたため、森保氏は、今こそ自分のチームが「私たちに何ができるかを世界に示す」時だと語った。

コーチは、カタールとイランの試合を綿密に観察してプレー方法の手がかりを得ていると語ったが、モリヤスの記者会見の直後に完了した同じアジアのサウジアラビアのアルゼンチンに対するセンセーショナルな 2 対 1 の敗北は、より良いインスピレーションを提供する可能性がある.

彼は、日本はさまざまな対戦相手を打ち負かすことで自信を得ており、「粘り強さと忍耐力」で勝つことを目指していると語った。

過去2回のワールドカップのベテランであり、キャプテンで守備の重鎮である吉田麻也が、ピッチで森保のビジョンを実現するのを助けるよう求められる.

コーチの隣に座ったシャルケの選手は、彼と現在ドイツのクラブと契約している他の7人のメンバーは、代表チームの仲間がワールドカップで対戦相手に「追いつく」のを助けるために「レッスンを伝えている」と語った.

「ドイツと対戦することはわかっていたので、彼らのストライカーをよく分析し始めましたが、実際に彼らと対戦することは、ビデオを見るよりもはるかに優れた分析です」と彼は説明しました.

「ドイツサッカーを理解するためにブンデスリーガに行った理由の1つはこれだ」

4度のワールドカップチャンピオンは、タフなグループの中で日本で最もタフな対戦相手かもしれませんが、サムライブルーの弱者のステータスにより、彼らは自由な感覚でプレーすることができます.

「もちろん、最初の試合は挑戦的なものであり、このトーナメントで(前進するために)非常に重要な試合であり、私たちは非常に勇気を持って全力でプレーしなければならない.

マネージャーのマントラに加えて、吉田は記者会見を締めくくるために彼自身の哲学的洞察を述べました.

「勝たなければならない試合や、勝たなければならない試合もあるが、絶対に負けたり、負けなければならないことはないので、まだチャンスはあると思っている」と語った。


関連記事:

サッカー:ドイツのスター、レロイ・サネはワールドカップ初戦の日本戦に出場しない

サッカー: ワールド カップ グループ E プレビュー — 日本、ドイツ、スペイン、コスタリカ

サッカー: 2022 ワールド カップのチーム分析


日本はドイツを倒すために「流れに乗らなければならない」とコーチは言う

Source#日本はドイツを倒すために流れに乗らなければならないとコーチは言う

Leave a Comment