日本はジェンダーの「役割」に基づく時代遅れの労働システムの改革に目を向けている

日本政府は金曜日に、男性と女性に期待される役割の典型的な概念に問題を抱えて、国のジェンダー格差を何年もほとんどそのままにしてきた昔ながらの労働慣行、税制、社会保障制度の刷新を求めた。

女性の経済的エンパワーメントを促進するための政策の青写真は、結婚が残りの人生の女性の経済的安定を保証するというかつての根深い信念は、より多くの女性が離婚して以前より長生きすることを選択するので「過去のもの」であると述べています。

岸田文雄首相(C)は、2022年6月3日に東京の彼のオフィスで女性の経済的エンパワーメントを促進するための政府パネル会議に出席します。(京堂)

政府は、300人以上の従業員を抱える企業に男女賃金格差データの公開を義務付け、女性が必要なデジタルスキルを習得し、就職するのを3年間の集中期間を設定することで支援することを計画しています。

また、働く女性のニーズをよりよく反映するために、既存の税制と社会保障制度を見直します。

日本は男女平等の確保において他国に遅れをとっており、2021年3月に発表された世界経済フォーラムの男女格差指数では、管理職や女性議員の女性の割合が低いため、156カ国中120位にランクされています。

岸田文雄首相は政府のパネル会議で、「私は女性の経済的エンパワーメントを新しい資本主義の中心に置き、女性の賃金を引き上げる措置を大胆に実行する」と述べた。

彼が「新しい形態の資本主義」と呼んでいるものの下で、岸田は成長と分配の好循環を確実にすることを目指しています。 彼は企業に、労働者に報酬を与え、内需を支援するために、より積極的に賃金を引き上げるよう求めている。

新しい政策の青写真は、数十年前の急速な経済成長を通じて社会システムを支援するのに役立った古い考え方を変える必要があると述べています。つまり、男性は働き、女性は家にいて家事をするべきです。

専門家は、政府が長期的な政策ビジョンと財政的支援を必要とするため、人々の考え方や行動を変えるという手ごわい課題に直面していると見ています。

男性の職場環境の改善も優先事項であり、政府は男性が育児休業を取得して自宅で仕事をしやすくする必要があると述べた。

日本は世界で最も高齢化が進んでいる社会のひとつであり、労働力不足に直面しています。 多くの女性はパートタイムで働く傾向がありますが、近年、より多くの女性が労働力に加わっています。

。日本はジェンダーの「役割」に基づく時代遅れの労働システムの改革に目を向けている
Source#日本はジェンダーの役割に基づく時代遅れの労働システムの改革に目を向けている

Leave a Comment