日本はオンライン侮辱を懲役刑に処する法案を可決

オンライン侮辱に対するより厳しい罰則の一部として刑期を導入する法案が月曜日に参議院本会議で可決され、日本のネットいじめへの取り組みに向けた大きな一歩となった。

人気のNetflixリアリティ番組「テラスハウス」の22歳のプロレスラー兼キャストメンバーである木村花が、憎しみの弾幕を受けた後、2020年5月に自殺したと考えられた後、国の刑法を改正する動きが注目を集めましたソーシャルメディア上のメッセージ。

日本では、侮辱と名誉毀損は、前者が特定の行動に言及せずに公に誰かを侮辱するという点で区別されますが、どちらも法律の下で罰せられます。

現在、侮辱罪の罰則は、30日未満の拘留または1万円未満の罰金です。 改正案では、最高1年の懲役と最高30万円の罰金が科せられる。

侮辱の時効も1年から3年に延長されます。 変更は、公布から20日後に有効になります。

侮辱が法律の下で罰せられると見なされる程度は不明なままです。 …読み続けて

6月13日()-インターネット上誹謗(ひぼう)中傷者の執価すること「」の厳罰化しをするするだし刑法がするしました。。…続きを読む


ポリシーページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本はオンライン侮辱を懲役刑に処する法案を可決
Source#日本はオンライン侮辱を懲役刑に処する法案を可決

Leave a Comment