日本はオミクロンバリアントの最初のケースを確認します

日本はコロナウイルスの新しいオミクロン変異体の最初の症例を確認した、と政府当局者は火曜日に科学者がそれがどれほど伝染性であるか、そしてそれがワクチンまたは以前の感染からの免疫を回避できるかどうかを決定するためにスクランブルをかけると言った。

内閣官房長官は、日曜日にナミビアから東京近郊の成田空港に到着した後、先週南アフリカが最初に報告した、30代の男性が高度に変異した株に感染していることが判明したと述べた。記者会見。

世界保健機関は、オミクロン変異株を「懸念のある変異株」として指定し、世界的に広がり、「非常に高い」リスクをもたらす可能性があることを警告しています。

2021年11月30日、東京の渋谷地区にある有名な戦闘ジャンクションの大画面には、コロナウイルスの新しいオミクロン変異体による感染の最初の症例を確認する日本からのニュースレポートが表示されます。 (共同通信)

この菌株は、アフリカとヨーロッパのいくつかの国、およびカナダ、オーストラリア、イスラエル、香港ですでに確認されています。

男性は到着時にコロナウイルスの検査で陽性であり、サンプルは国立感染症研究所でオミクロン変異体であるかどうかを確認するために検査されていたと、政府の最高報道官である松野氏は述べた。

ナミビアの外交官である男性と同じ便で旅行している約70人が陰性であり、密接な接触として扱われている、と後藤茂之保健相は記者団に語った。

後藤氏によると、現在医療施設で検疫中の男性は完全にワクチン接種を受けていたという。

会談に参加した関係者によると、岸田文雄首相は、閣僚との緊急会議を招集し、政府関係者に対し、情報収集と国民への報告をわかりやすく伝えた。

松野氏は岸田文雄から、オミクロンの変種に対処するための新しい政府タスクフォースを率いるよう命じられたと語った。

亜種に関する懸念により、いくつかの国は渡航禁止令を厳しくするようになりました。

日本は火曜日から外国人の新参者との国境を閉鎖し、高リスク地域から帰国する市民と外国人は、政府指定の施設で14日間の隔離のうち最大10日間を過ごすことを義務付けています。

日本の主要空港への海外からの到着は、新しい変種が世界中にどれほど急速に広まっているのかについて懸念を表明しました。

「(日本に入るまでは)時間の問題だと思っていたが、こんなに早く広がるとは思っていなかった」と、帰国したばかりの成田空港の50歳の男性は語った。韓国..

フィリピンから大阪の関西国際空港に到着した栗林秀正さん(51)は、「オミクロン株がどんなウイルスなのかまだわからない」として、検疫期間の延長に同意した。

岸田文雄は、日本が起業家、留学生、技術インターンシッププログラムへの参加者の入国規則を緩和してからわずか3週間後に行われる措置を発表する際に、「最悪のシナリオを回避する」ためにあらゆる予防策を講じることを約束した。

保健省によると、ナミビア人男性は空港で症状を示さなかったが、月曜日に発熱し、彼と一緒に旅行していた2人の家族は陰性であり、政府指定の施設で隔離されている。

オミクロンの亜種の出現は、日本が感染の減少を経験しているときに起こります。 火曜日に全国で報告されたコロナウイルスの新規症例はわずか132例でした。

今年の夏にデルタ変異体によって引き起こされた以前の感染の波は、1日あたり25,000件以上の症例でピークに達しました。

ファイルの写真は、2021年11月29日(共同通信)の東京近郊の成田空港の検疫要員を示しています。


関連する報道:

焦点:岸田首相は、日本がオミクロンとの国境を閉鎖する際にチャンスを逃す

日本はオミクロンを恐れて外国人観光客を1ヶ月間禁止

米国は南アフリカと近隣7カ国からの旅行者の入国を禁止しています


。日本はオミクロンバリアントの最初のケースを確認します

Source#日本はオミクロンバリアントの最初のケースを確認します

Leave a Comment