日本はエネルギー供給を安定させるために原子力発電に戻ることを示唆している

岸田文夫首相は水曜日、日本は休止中の原子力発電所をさらに再開し、次世代原子炉の開発を検討すると述べ、福島原発事故から10年後の原子力エネルギーに関する主要な政策転換の土台を整えた.

政府は既存の原子炉の寿命を延ばすことも検討すると述べた岸田氏のコメントは、ウクライナ危機とエネルギーコストの高騰により、世論の変化と原子力発電に対する政策の再考の両方を余儀なくされたことを浮き彫りにしています。

日本は、2011 年の巨大な地震と津波が福島第一原子力発電所の原子力災害を引き起こして以来、10 年間、ほとんどの原子力発電所を停止させてきました。

岸田氏は記者団に対し、持続可能なエネルギーと原子力に関する「国民の理解を得る」ことを含め、年末までに具体的な措置を講じるよう当局に指示したと語った。

政府関係者は水曜日に集まり、環境目標を達成するために世界第 3 位の経済大国を改革することを目的とした、いわゆる「グリーン トランスフォーメーション」の計画を策定しました。 福島の危機の余波で国民から強く反対された原子力エネルギーは、現在、政府の一部によって、そのような環境に優しい変革の構成要素と見なされています。 …読み続けて


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本はエネルギー供給を安定させるために原子力発電に戻ることを示唆している
Source#日本はエネルギー供給を安定させるために原子力発電に戻ることを示唆している

Leave a Comment