日本はインドネシア、フィリピン、その他の地域の旅行アラートを緩和します

日本政府は水曜日に、インドネシアとフィリピンを含む54の国と地域に対するコロナウイルスのパンデミックに関する旅行警告を緩和し、日本の居住者がこれらの国への不要不急の旅行を控えるよう要請していません.

外務省は、これらの地域への渡航勧告を、4 段階評価で 2 番目に低いレベル 2 からレベル 1 に引き下げたと発表しました。

新たにレベル1に指定されたのはエジプトや南アフリカなど中東・アフリカの23カ国・地域。同省によると、ラテンアメリカの医療機関も新たにレベル 1 に指定されました。

一方、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、トルコを含む 35 の地域は、レベル 2 の警告の下にとどまっています。

さらに、他の41カ国の勧告は、すべての旅行を避けるように人々に警告するレベル3からレベル2に引き下げられました。その中には、中東とアフリカの33カ国、カリブ海諸国の4カ国、東ヨーロッパの3カ国、およびキルギスタンが含まれます。

中国、韓国、インド、米国、英国、フランス、ドイツなど、他の 70 の国と地域は、すでにレベル 1 に移行しています。

レベル 1 のカテゴリに属する​​地域の総数は現在 125 に達していますが、レベル 2 のカテゴリは 76 に減少しています。レベル 3 と 4 に該当する国はありません。

同省は、COVID-19感染を防ぐために、海外旅行を計画している人々に完全な予防接種を受けることを引き続き推奨していると述べた.


関連記事:

日本は毎日のCOVIDレポートを緩和して、病院管理者の負担を軽減します

調査回答者の 72% が、国境管理が日本を訪れない理由だと答えています

日本は、COVID-19 による 1 日の死亡者数が 343 人を記録したと報告しています


.日本はインドネシア、フィリピン、その他の地域の旅行アラートを緩和します
Source#日本はインドネシアフィリピンその他の地域の旅行アラートを緩和します

Leave a Comment