日本はアフリカの到着のための検疫を厳しくする

日本は、南アフリカでコロナウイルスの新しい亜種が検出された後、アフリカの6か国から到着する人々の検疫措置を強化する予定です。

松野博一内閣官房長官は、金曜日に南アフリカ、エスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソトの人々に対する措置を発表した。

松野氏は、土曜日から、これらの国々の人々は、日本に入ってから10日間、政府指定の宿泊施設に滞在しなければならないと述べた。

彼は記者団に、新しい亜種は主に南アフリカで蔓延していると考えられており、亜種はより感染性が高く、既存のワクチンはそれに対して効果が低い可能性があると報告しています。

彼は、政府がその変種を特別な対応を必要とするものとして指定することを決定したと述べた。

彼はまた、危機管理の鍵は最悪のシナリオを想定することであると述べ、変種が広まった場合、政府は積極的に対応すると付け加えた。







日本はアフリカの到着のための検疫を厳しくする

Source#日本はアフリカの到着のための検疫を厳しくする

Leave a Comment