日本は、9月から到着時のCOVID入国上限を50,000に引き上げます。 7

日本は9月1日から1日の入国上限を現行の2万人から5万人に引き上げる。 岸田文雄首相は水曜日、COVID-19の厳格な国境管理をさらに緩和すると述べた。

日本がインバウンド観光への門戸を開くことにおいて他の主要経済国に後れを取っているため、外国人観光客はもはやガイド付きのツアーで旅行する必要はなくなるだろう、と岸田氏は語った。

「国際交流が世界のさまざまな地域で勢いを増しているのを見てきました。トレンドに参加し、円安の恩恵が確実に感じられるようにするために、9月7日から新規到着者の1日の上限を50,000に引き上げます」と岸田氏は記者団に語った。会議。

「他のG7諸国と同様に人々の入国をスムーズにするために、国内外の感染状況、(旅行者の)ニーズ、および他の国の国境措置を考慮して、国境管理措置をさらに緩和します。岸田は言った。 彼は、そのような緩和がいつ来るかについては詳しく述べませんでした。

写真は2022年8月23日、東京・羽田空港の国際線到着ロビー(共同)

日本は非居住外国人に対して事実上門戸を閉ざし、その動きは厳しすぎるとの批判を集めた.

政府はこれまでのところ、入国する旅行者に対し、出発から 72 時間以内に検査を受け、COVID-19 検査結果が陰性であるという証拠を提示することを要求しています。 しかし、9月から 7、少なくとも3回のワクチン接種を受けた人は、そのような証拠を示す必要がなくなり、3回の接種の証拠を示すだけで済みます.

岸田氏は今月初めに新型コロナウイルスの陽性反応が出て以来、公邸でリモートワークを続けている。 彼は水曜日に首相官邸での仕事に戻った。

岸田氏は記者会見で、政府は感染力の高いオミクロンの亜種に対する接種を10月から開始すると述べた。 政府筋によると、ショットは9月末から配布される予定です。

日本はまだコロナウイルス感染の第7波と戦っており、水曜日に169,800の新しい症例を記録しています. 共同通信の毎日のカウントによると、8月は7月の1,300人から急増し、7,000人を超えるCOVID-19による月間死亡者数が過去最高を記録しました。 ウイルス関連の死亡者数の前回のピークは、2 月の第 6 波の間に発生し、4,900 人が死亡しました。

新しい感染の波にもかかわらず、政府は経済を維持するためにウイルス対策の制限を課していません.

厚生労働省に助言する専門家委員会が水曜日にまとめた分析によると、感染レベルは依然として高いものの、新たに確認された症例は全国的に減少し始めています。 しかし、委員会は、学生が夏休み後に学校に戻るにつれて、新しい症例が再びペースを上げ始めるかもしれないという懸念を表明した.

.日本は、9月から到着時のCOVID入国上限を50,000に引き上げます。 7
Source#日本は9月から到着時のCOVID入国上限を50000に引き上げます

Leave a Comment