日本は、少なくとも2回のワクチン接種を受けた人々にオミクロンCOVIDショットを提供します

Omicron バリアントに対して有効であると考えられる新しい COVID-19 ワクチンは、10 月中旬から少なくとも 2 回のコロナウイルス接種を完了したすべての人が日本で利用できるようになると、政府は月曜日に発表しました。

既存の COVID-19 ショットとオミクロン バリアントの BA.1 サブタイプに由来する成分の組み合わせにちなんで名付けられたこの 2 価ワクチンは、現在全国で流行している BA.5 サブタイプに対する中和抗体をいくらか増加させることが報告されています。

この計画は、日本が高度に伝染性のBA.5亜種によって促進された感染の第7波を経験しているときに厚労省のパネルによって承認され、その毎日の症例は先週の水曜日に史上最高の約25万人に達しました

製薬会社はBA.5サブタイプに基づくワクチンの開発を進めていますが、供給が可能になるまでにはさらに時間がかかるため、政府は代わりにBA.1由来のショットを選択することになります.

同省はまた、公衆衛生の観点から予防接種を積極的に検討するよう求める拘束力のない呼びかけの対象に、5歳から11歳の子供を含めると述べた。

厚生労働省が、米国の製薬大手ファイザー社とモデルナ社が開発中の新しいCOVID-19ワクチンを正式に承認した場合、それらは9月に国に輸入される可能性があります.

ファイザーは月曜日、オミクロンの亜種に対応するように設計されたワクチンの承認を求めて、同省に申請書を提出したと述べた。 モデルナも近い将来同じことをする予定です。

欧州では、日本が使用を検討している2価ワクチンの承認申請がすでに完了しており、秋以降の追加接種に向けて各国で準備が進められています。

逆に、米国食品医薬品局は、製薬会社が BA.5 サブタイプ コンポーネントを含むワクチンを開発することを推奨しています。

.日本は、少なくとも2回のワクチン接種を受けた人々にオミクロンCOVIDショットを提供します
Source#日本は少なくとも2回のワクチン接種を受けた人々にオミクロンCOVIDショットを提供します

Leave a Comment