日本は、主要な政策転換で新しい原子力発電所の建設を検討しています

日本は、炭素排出量を削減し、電力の安定供給を提供するという目標をサポートするために、次世代の原子力発電所の建設を検討している、とこの問題に近い情報筋は水曜日に述べ、政府の新しい原子力エネルギー政策の大きな転換を示した.

同国の既存の原子炉の最長耐用年数を 60 年以上に延長することも検討するこの計画は、その日の後半に開催される産業変革と脱炭素化に関する会議で発表される予定です。

経済産業省は次世代原子力発電所の開発を検討しており、2030年代に安全機能を強化した原子炉に更新するという想定の開発プロセスを以前に発表しました。

この計画を採用する可能性のある政府は、原子力規制委員会による審査中に停止された期間を含まないことにより、原子力発電所の運転寿命を効果的に延ばすことも検討することが期待されています.

しかし、このような延長は、事故を起こしやすい老朽化した原子炉の安全性に関する懸念に拍車をかける可能性があります。

2022 年 3 月に撮影されたファイル写真は、東京電力ホールディングス株式会社の福島第一原子力発電所を示しています。 (経堂)

大規模な地震と津波によって引き起こされた 2011 年の福島事故の後、日本は原子炉の運転を原則として 40 年に制限するより厳しい安全基準を導入した。

しかし、安全性のアップグレードが行われ、原子炉が規制当局によるスクリーニングに合格すれば、さらに 20 年間の運転が可能です。

日本は、2030 年度に原子力発電を電力供給の 20 ~ 22% にするという目標を設定しています。

すでに審査を通過した17基の原子力発電所のうち、10基が再稼働した。 岸田文夫首相は先月、今冬に予想される電力不足に備えるため、最大9基の原子炉を再稼働させることを目的としていると述べた。

残りの 7 基は、安全対策が実施されるのを待っているため、地方自治体からの承認が遅れたため、稼働していません。 政府は、これらの原子炉を来年からできるだけ早く稼働状態に戻す方法を検討します。

昨年6月、福井県福井県にある関西電力の美浜発電所の3号機は、新規則の下で40年を超えて運転する国内初の原子炉となった。


関連記事:

日本の産業大臣が機能不全の福島原子力発電所を視察

福島の化学廃棄物を無害化するために北海道に移動


.日本は、主要な政策転換で新しい原子力発電所の建設を検討しています
Source#日本は主要な政策転換で新しい原子力発電所の建設を検討しています

Leave a Comment