日本のGPIFは、市場の混乱により第1四半期に280億ドルの投資損失を計上

日本の年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) は金曜日、4 月から 6 月にかけて 3 兆 7500 億円 (281 億 3000 万ドル) の投資損失を報告しました。これは 2 四半期連続のマイナスのリターンであり、景気減速の懸念が世界の株式市場を襲ったためです。

世界最大の年金基金は 3 か月間で 1.91% の損失を出し、総資産は 193 兆 126 億円に減少したと、声明で述べています。

損失は​​前四半期の 1.1% から拡大し、2 年ぶりの四半期損失となりました。

4 月から 6 月にかけて、ダウ工業株平均は 11% 下落し、日本の日経平均株価は 5% 下落しました。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本のGPIFは、市場の混乱により第1四半期に280億ドルの投資損失を計上
Source#日本のGPIFは市場の混乱により第1四半期に280億ドルの投資損失を計上

Leave a Comment