日本のCOVID-19症例が急増し、医療システムが圧倒される

© 新華社提供

日本は8月8日から8月14日までの週に1,395,301件の症例を報告し、4週連続で世界で最も多くの新規症例を報告しました。 病院のベッド占有率は、国で上昇しています。 軽度の感染症の多くの地域住民は自宅で隔離されていますが、深刻な症状を報告している人は入院に苦労しています.

東京 8 月 20 日 (新華社通信) — 日本では、先月 600 万人以上の新しい COVID-19 症例が記録され、木曜日までの 11 日間のうち 9 日間で毎日 200 人以上が死亡しました。感染の第7波。

国は木曜日に 255,534 件の新しい COVID-19 症例の毎日の記録を記録しました。これは、パンデミックが国を襲って以来、1 日で 250,000 件を超える新しい症例数です。 合計287人が死亡したと報告され、合計死亡者数は36,302人になりました。

日本は 8 月 8 日から 8 月 14 日までの 1 週間で 1,395,301 の症例を報告し、4 週連続で世界で最も多くの新規症例が発生し、韓国と米国がそれに続いたと地元メディアの共同通信が報じた。世界保健機関 (WHO) のコロナウイルスに関する最新の週次更新。

軽度の感染症の多くの地域住民は自宅で隔離されていますが、深刻な症状を報告している人は入院に苦労しています.

日本の厚労省によると、8月10日現在、全国で154万人以上の感染者が自宅で隔離されており、これは国内でCOVID-19が発生して以来最高の数です。

日本の公共放送局NHKは、政府の統計によると、月曜日の時点で、COVID-19のベッド使用率は神奈川県で91%、沖縄県、愛知県、滋賀県で80%、そして70%であると述べた。福岡県、長崎県、静岡県の割合。

東京都は月曜日に、COVID-19 の病床稼働率が 60% とそれほど深刻ではないように見えると発表しました。 しかし、地域の医療従事者の感染や濃厚接触者が多く、医療従事者が不足しています。

© 新華社提供

東京都医師会副会長の井口正孝氏は月曜日、東京のCOVID-19病床占有率が「限界に近づいている」と述べた。

また、京都大学病院を含む京都府内の14の医療機関は月曜日に、パンデミックが非常に深刻なレベルに達しており、京都府のCOVID-19ベッドは本質的に飽和状態にあるとの共同声明を発表しました。

声明は、京都府が「救えたはずの命を救うことができない」医療崩壊状態にあると警告した。

声明はまた、新型コロナウイルスへの感染は「決して単純な風邪のような病気ではない」と付け加え、緊急ではない不必要な旅行を避け、引き続き用心深く日常的な予防策を講じるよう国民に呼びかけた。

第7波の深刻さと新たな感染者数の急増にもかかわらず、日本政府はより厳格な予防策を採用していません. 最近のお盆休みには、高速道路が渋滞し、新幹線が満員になり、国内航空会社の稼働率が COVID-19 以前のレベルの約 80% に戻ったなど、大勢の観光客が押し寄せました。

.日本のCOVID-19症例が急増し、医療システムが圧倒される
Source#日本のCOVID19症例が急増し医療システムが圧倒される

Leave a Comment