日本の1月から6月の経常収支黒字は63%減少し、8年ぶりの低水準に

日本の経常収支黒字は、2022 年上半期に前年同期から 63.1% 縮小して 3 兆 5100 億円 (259 億ドル) となり、8 年ぶりの低水準となった。財務省は月曜日に言った。

同省の速報によると、国際貿易の最も広い指標の 1 つである経常収支の黒字は、2014 年上半期に赤字に転落して以来、最低水準にまで落ち込んでいます。

(Photothek/Getty/共同)

米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破綻が世界的な金融危機を引き起こした2008年下半期に続き、この半年間で2番目に急落したこともデータが示している。

同省によると、主要構成要素の中で、資源に乏しい国の貿易赤字は5.67兆円、サービス貿易赤字は2021年上半期の2.09兆円から2.49兆円に拡大した。

旅行や運輸を含むサービス貿易の赤字拡大は、医薬品や製造業などの海外での研究開発費の増加が原因である、と同省の関係者は記者団に語った。

外国人旅行者が日本でサービスや商品に費やした金額と、日本人が海外で費やした金額を反映した旅行収支は、828 億円の黒字となり、前年の 1,062 億円から減少しました。

一方、海外投資の収益を反映する第一次所得は、前年同期比22.4%増の12兆8700億円の黒字となり、上半期で最大となった。

同省によると、6月だけでも経常収支は1324億円の赤字となり、5カ月ぶりに赤字に転じた。

輸入額は前年比49.2%増の9兆7000億円で17カ月連続の増加、輸出額は20.4%増の8兆5800億円で16カ月連続の増加となった。

品目別にみると、6月は原油、石炭、液化天然ガスの輸入が大幅に増加した。 データによると、地域別では、アジアと中東からの輸入が著しく増加した。

精製燃料、鉄鋼、半導体などの電子部品の輸出が大きく伸びた。

同省によると、地域別では、アジアと北米への輸出が報告月に大幅に増加した。

6 月の第一次所得は 1 兆 2,200 億円と、前年比 6,975 億円増加した。


関連記事:

日本の経常収支黒字は5月に93%減少

日本の2021年度経常収支黒字は燃料価格の上昇で22%縮小


.日本の1月から6月の経常収支黒字は63%減少し、8年ぶりの低水準に
Source#日本の1月から6月の経常収支黒字は63減少し8年ぶりの低水準に

Leave a Comment