日本の1日あたりの症例数は2万人を超えています

金曜日に全国で2万件以上の新しいコロナウイルス感染が確認されました。 オミクロンの亜種に起因する症例の増加は、当局に社会的および経済的活動を維持する方法を検討するよう促しています。

1日あたりの口座数が2万を超えるのは4ヶ月以上ぶり。 8月には1日あたりの記録的な合計約26,000が設定されました。 全国で221人が深刻な状態にあり、木曜日より96人多い。

東京は4,000以上の新しい症例を報告しました。 この数字は3日間連続で約1,000増加しています。

沖縄も大きな打撃を受けています。 当局は金曜日に約1,600件の症例を確認しました。

急速な広がりは、南部県の多くの医療従事者と不可欠な労働者に影響を及ぼしました。

この消防署の職員の1人は陽性であり、彼の同僚の6人は密接な接触があると判断され、自己隔離しなければなりませんでした。 彼の不在を補うために、他の消防士は3日に1回ではなく、2日に24時間働かなければなりません。

政府は金曜日に、感染者と密接に接触している人々の隔離期間を短縮することを決定しました。

これまでのところ、彼らは14日間自己隔離する必要がありました。 それは10日に短縮され、エッセンシャルワーカーにとってはさらに短くなりました。

米国の製薬会社ファイザーは金曜日に日本の当局に抗ウイルスCOVID-19パクスロビッド錠の承認を申請した。

ファイザーによると、臨床試験では、症状の発現から3日以内に高リスクのコロナウイルス患者に投与した場合、Paxlovidが入院または死亡のリスクを89%低減することが示されています。 同社によれば、実験室でのテストでも、この薬がオミクロンの複製を抑制できることが示されたという。

承認された場合、Paxlovidは国内で利用可能な2番目の経口薬になります。 日本政府は200万人を治療するのに十分な量を購入することに合意しています。

専門家は、COVID-19の爆発的な広がりが地域の医療制度を圧倒する可能性があると警告しています。 彼らは人々に彼らが利用可能になったらすぐにブースターショットを取得するように求めています。







日本の1日あたりの症例数は2万人を超えています

Source#日本の1日あたりの症例数は2万人を超えています

Leave a Comment