日本の首相は、NPTコンファブでの無核世界の推進に弾みをつけることを目指しています

岸田文雄首相は日曜日、核不拡散条約に関する国連再検討会議に出席することにより、ロシアのウクライナ戦争の中で核兵器のない世界に向けた世界的な取り組みに勢いをつけることを目指していると述べた。

日本初の首脳となる岸田文雄氏は、核兵器は使用すべきではないことを強調し、核保有国の透明性を高めるよう求める。

「核兵器のない世界を実現するための世界的な勢いは大幅に低下している。私は(会議に出席することによって)この傾向を逆転させるつもりだ」と岸田はニューヨークでの会議に出発する前に彼の官邸で記者団に語った。

日本の岸田文雄首相(C)は、2022年7月31日に東京の羽田空港で手を振った後、ニューヨークに向けて出発し、核兵器不拡散条約に関する8月1〜26日の再検討会議に出席します。スピーチに。 (共同通信)==共同通信

第二次世界大戦中に米国が投下した原子爆弾によって長崎とともに壊滅的な打撃を受けた広島の選挙区から選出された岸田氏は、核のない世界に対する彼のビジョンを最優先事項と考えています。

そして、核攻撃の恐ろしさを経験した唯一の国のリーダーとして、彼は核保有国と非核保有国の間の架け橋としての役割を果たすことを目指しています。

核兵器不拡散条約の運用を検討するための次回の会議は、ロシアの核の脅威が警戒を呼び起こし、ウクライナでの戦争が終結の兆しをほとんど示さなかった後に開催されます。

政府筋によると、首相は、非核世界への取り組みの一環として、世界中の若者が日本の2つの都市を訪れ、彼らの荒廃について学ぶのを支援する国連基金を設立する計画を発表する予定です。

岸田氏は、ニューヨーク訪問中に、アントニオ・グテーレス国連事務総長と会談し、NPT条約に非核保有国が関与する枠組みである12人のメンバーからなる核不拡散・武装解除イニシアチブの外相会議に参加する予定です。日本、オーストラリア、カナダ、ドイツ、トルコ、国連事務総長として。

2015年に開催された前回のNPT再検討会議は、参加者間の意見の不一致により、結果文書なしで終了しました。 当時外相だった岸田文雄氏は、金曜日の共同通信とのインタビューで、今回はすべての国が合意できる文書があれば「理想的」だと述べた。

レビューは5年ごとに行われ、最新のラウンドは2020年に予定されていましたが、COVID-19パンデミックのため延期されました。 会議は月曜日から8月26日まで開催されます。


関連する報道:

日本の首相は、若者が原爆の恐怖について学ぶための基金を発表する

国連軍縮の主な強調は、NPT体制を再確認する必要がある

日本はNPT再検討会議で核兵器削減を推進する


。日本の首相は、NPTコンファブでの無核世界の推進に弾みをつけることを目指しています
Source#日本の首相はNPTコンファブでの無核世界の推進に弾みをつけることを目指しています

Leave a Comment