日本の首相は、50億ドルで開発途上国のCOVID対応を支援することを誓います。

岸田文雄首相は、コロナウイルスのパンデミックに取り組むための取り組みを活性化することを目的とした世界サミットで、日本は、50億ドル相当の累積支援で、開発途上国の抗コロナウイルス対策を支援すると述べた。

岸田文雄氏はビデオメッセージの中で、世界がパンデミックの終焉を迎えられるように、日本は引き続きワクチン接種を推進すると述べた。 同時に、彼は、将来のパンデミックに備えるために、日本が世界的な医療制度を強化するためにその役割を果たすことを約束した。

日本の岸田文雄首相は、コロナウイルスの大流行の中でフェイスマスクを着用して、2022年5月11日に東京の首相官邸に到着しました。 (共同通信)==共同通信

ベリーズ、ドイツ、インドネシア、セネガルとこのイベントを共催した米国政府によると、この種のサミットは2回目であり、総額30億ドルを超える新たな財政的コミットメントを獲得しました。

日本の50億ドルの支援には、国連主導のCOVAXワクチン共有スキームへの財政的貢献が含まれています。 岸田文雄氏によると、日本は国際協力機構を通じて最大2億ドルを提供し、アフリカにおけるワクチンと医薬品の現地生産能力の向上を支援する。

サミットは、脆弱な人々がワクチン、検査、治療を受けられるようにし、将来の健康危機を防ぐために開催されました。

岸田文雄氏は、「日本は、今後数ヶ月の間に日本が主催するイベントを通じて、国民皆保険を達成するための国際的な取り組みを主導し続けることを決意している」と述べた。

オーストラリア、インド、日本、米国で構成される「クワッド」グループの首脳は今月下旬に会合を開く予定であり、日本は来年ドイツから7カ国のグループの議長を引き継ぐ予定である。

サミットの期間中、米国は、世界銀行に新たなパンデミック対策とグローバルヘルスセキュリティ基金を設立するための当初の拠出額をさらに2億ドル増やし、総コミットメントを4億5000万ドルにすることを誓約しました。

ホワイトハウスはまた、米国がCOVID-19で失われた100万人の命の悲惨なマイルストーンをマークしたことを同じ日に発表しました。これは他のどの国よりもはるかに多いです。

。日本の首相は、50億ドルで開発途上国のCOVID対応を支援することを誓います。
Source#日本の首相は50億ドルで開発途上国のCOVID対応を支援することを誓います

Leave a Comment