日本の首相は、内閣改造後のインフレに対処するための追加措置を検討している

日本の岸田文夫首相は金曜日、政府は物価上昇の痛みを和らげるために新たな措置を講じると述べた.

岸田氏は、特にエネルギーと食料品の値上げが企業と消費者に「大きな影響」を与えていると述べ、政府の会議で、月曜日に当局に救済措置を「シームレスに」実施するよう指示すると述べた.

2022年8月12日、東京都内の官邸で閣議室に入る岸田文夫首相=共同撮影

主にロシアのウクライナ戦争が原因であるエネルギー、原材料、穀物の価格の上昇は、世界第 3 位の経済大国であるロシアに打撃を与えています。

政府はすでに一連のインフレ緩和策を発表しており、その中には小売ガソリン価格の引き下げ、肥料価格の高騰に見舞われた農家への支援、政府が販売する輸入小麦の価格の上昇を抑えることを目的とした補助金が含まれています。戦争は2月に始まりました。

岸田首相は、新任の閣僚や経済界のリーダーらが出席した会議で、「小麦から作られるパンや麺類は私たちの生活に欠かせないものであり、価格の安定が重要だ」と述べた。

「各地域のニーズに応えることで支援を拡大し、最近の価格上昇の大部分を占めるエネルギーと食品に焦点を当てた追加の措置を講じるよう(当局者に)指示する」と彼は付け加えた.

首相官邸での会議に出席した後、山崎製パンの飯島信宏社長は、彼の会社はすでにプレーンパンとペストリーの価格設定を行っていると語った。

「どうにかして再度の価格見直しを回避できれば、これほど嬉しいことはない」と彼は語った。

日本では、米国や一部のヨーロッパ諸国ほど急速にインフレが加速しておらず、価格上昇も広範囲に及んでいません。その理由の 1 つは、企業が国内需要が弱いときに小売価格を引き上げて消費者を怖がらせたくないからです。

しかし、消費者はすでに日用品の価格上昇のピンチを感じており、COVID-19 感染を抑制するために実施された制限の解除後の消費の回復に水を差す可能性があります。

岸田氏は水曜日の内閣改造後、財政支出をためらうことなくインフレとCOVID-19に対応すると述べ、最初に今年度から来年度の補正予算で割り当てられた5.5兆円(410億ドル)の準備金を活用する.行進。

新型コロナウイルス感染症の急増は、人々にウイルスへの警戒を続けるよう促しながら、経済を維持することを目指している岸田氏にとって懸念材料です。 金曜日に4回目のコロナウイルスワクチン接種を受けました。

首相は、安倍晋三前首相の衝撃的な殺害を受けて、与党と統一教会との関係について国民が警戒していることを主な理由として、内閣支持率の最近の低下傾向を逆転させようと躍起になっている.

7月初旬の参議院選挙前の選挙演説中に安倍首相を撃った男は、母親が多額の寄付をした後、家族を経済的に破綻させたとして、元首相が宗教団体と関係があると信じていると捜査官に語った.

新しい上級副大臣と議会副大臣の一部は、金曜日の任命後すぐに統一教会とのつながりを明らかにしました。 彼らは教会に関連するイベントに参加したり、お祝いのメッセージを送ったり、募金パーティーのチケットを販売したりしていました。

この暴露は、岸田氏が、すべての閣僚、副大臣、政務次官が、政治家としての責任の一環として、グループとの関係をチェックし、厳密に見直す必要があると述べた後にもたらされた.

共同通信が水曜日と木曜日に実施した調査では、回答者のほぼ 85% が、政治家は宗教団体との関係を断ち切る必要があると述べています。 岸田内閣の支持率は、7月下旬の51.0%から、改造後は54.1%にわずかに回復した。

現在、世界平和統一家庭連合として正式に知られているこの教会は、法外な価格で商品を購入するよう説得される、いわゆるスピリチュアルセールスなどの問題のある慣行に注目を集めています。


関連記事:

主要企業の 42% が、物価上昇で日本経済が減速すると考えている

日本では円安で1万点以上の食品が値上がり

焦点:日本の改造された内閣は、新しい資本主義の推進を具体化する必要がある


.日本の首相は、内閣改造後のインフレに対処するための追加措置を検討している
Source#日本の首相は内閣改造後のインフレに対処するための追加措置を検討している

Leave a Comment