日本の首相は、オミクロンの変種に「最悪の事態に備える」ことを誓う

©新華社提供

日本のCOVID-19の状況は大幅に改善されましたが、岸田は「いくつかの国でのオミクロン変異体の確認を含む、新たなリスク」について警告しました。

東京、12月7日(新華社)-日本の岸田文雄首相は火曜日、国の経済回復を促進しながら、COVID-19のオミクロン変異体に対処することによって「最悪の事態に備える」ことを誓った。

岸田首相は、臨時会期冒頭の政治演説で、違憲審査制についてさらに議論することへの期待を表明し、約1年で包括的な安全保障政策の見直しを完了することを約束した。

日本のCOVID-19の状況は大幅に改善されましたが、岸田は「いくつかの国でのオミクロン変異体の確認を含む、新たなリスク」について警告しました。

首相は、「慎重かつ慎重な姿勢を維持する」と述べ、日本は夏からCOVID-19患者のために10,000の病床を追加し、今月後半に経口治療薬の使用を承認する可能性があると付け加えた。 。

彼は、COVID-19に対して完全にワクチン接種された人々のためのデジタル証明書は、政府によって12月20日に配達の準備ができていると言いました。

岸田文雄氏は、オミクロンの変種への懸念から、新たな外国人の日本への入国を禁止する決定に言及し、「状況を正しく理解する前に、私が慎重すぎるという批判を受け入れたい」と述べた。

©新華社提供

また、首相は、2021年の記録的な補助予算36兆円(3,190億円)を中心に、大規模な景気刺激策を通じて、パンデミックの影響で悪影響を受けた企業や労働者を支援することを約束した。臨時会期中に議会で承認される見込み。

岸田文雄氏は、憲法改正について、国会議員が最高法を改正するかどうかを「真剣に検討する責任がある」と強調した。

「急速な変化の時代に、現在の憲法が今日にふさわしいかどうかについて、国民の間で幅広い議論を引き起こすべきである」と彼は言った。

岸田文雄氏は、日本経済の成長を後押しするだけでなく、米国に富を再分配する「新資本主義」を達成するという約束に応えて、政府は企業が賃金を引き上げる税制上の優遇措置を「劇的に」引き上げると述べた。 。

彼は、デジタル技術を促進するために、彼の政府が高速インターネットのための「スーパーハイウェイ」を形成するために日本中の海底ケーブルを走らせるであろうと言いました。

臨時議会会期は月曜日の午後に始まり、12月21日まで続きます。

。日本の首相は、オミクロンの変種に「最悪の事態に備える」ことを誓う

Source#日本の首相はオミクロンの変種に最悪の事態に備えることを誓う

Leave a Comment