日本の首相、G7で核兵器のない世界のビジョンを提示することを誓う

日本の岸田文夫首相は土曜日、ロシアが核兵器を使用するのではないかという懸念の中で、5月に広島で開催されたG7サミットで核兵器のない世界のビジョンを提示することを誓った.

岸田氏のコメントは、今週初め、欧州と米州の G7 諸国のうち 5 カ国を 1 週間にわたって訪問した際に、フランス、イタリア、英国、カナダ、米国のカウンターパートと会談した後に出されたものである。西部での会議に。 日本の都市。

広島の選挙区から選出された岸田氏はワシントンでの記者会見で、世界は過去77年間核兵器が使用されなかった「歴史を軽視すべきではない」と述べた。

[1945年8月に米国の原爆投下で荒廃した東京で開催される次のサミットで、G7は「法の支配に基づく国際秩序」を維持するというコミットメントを確認する、と彼は付け加えた。

2023年1月14日、ワシントンで記者会見する岸田文夫首相(共同)

金曜日、岸田氏はワシントンでジョー・バイデン米大統領と会談した。 両首脳は、地域における中国の経済的影響力に対抗するため、日米が安全保障関係を深め、協力して半導体サプライチェーンを確保することに合意した。

東京とワシントンは「二国間同盟を強化し、経済から技術に至るまでの分野での協力を強化しようとするだろう」と岸田氏は語った。

同氏は「半導体は経済安全保障の重要な材料である」と強調し、日本はインド太平洋地域での中国の台頭を視野に入れ、米国を含む同盟国とともにこの問題への対応を検討すると付け加えた。

しかし、岸田氏は、日本が中国に対して半導体輸出規制を課すかどうかについては詳しく説明しなかった.

日本の隣国との関係に目を向けると、岸田氏は、G7サミットに先立って中国の習近平国家主席と会談する明確な計画は今のところないと述べ、韓国とのコミュニケーションを維持することを約束した。

東京は台湾を巡って北京と対立している。 一方、日韓関係は、尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領の前任者である文在寅(ムン・ジェイン)政権下で、主に戦時労働争議が原因で、過去数十年で最悪のレベルにまで悪化している。

岸田氏は、日本は中国と「建設的で安定した」関係を築くよう努めると述べたが、アジアの大国として「責任ある措置を講じる」よう日本の指導者たちに引き続き促していく」と述べた。

共産主義者が運営する中国と、民主的で自治的な国である台湾は、内戦の結果として 1949 年に分裂して以来、別々に統治されてきました。 中国政府はこの島を、必要に応じて力ずくで本土と再統合しなければならない反逆の州と見なしている。

岸田氏とバイデン氏は金曜日、日本の防衛力を構築することに合意し、台湾海峡における平和と安定の重要性を再確認した。

12月、日本は、中国などの近隣諸国からの軍事的脅威の増大に直面して、今後5年間で防衛費をほぼ2倍にし、自国への攻撃を抑止するために敵の基地攻撃能力を獲得することを決定しました.

岸田政権は、戦争放棄された憲法の下で日本の防衛政策を大きく変えるための措置に資金を提供するために増税を計画しており、それは彼の政府に対する国民の不信感を増大させている.

岸田氏は増税について「野党との国会審議を通じて、国民に詳しく説明したい」と述べた。

日本の首相、G7で核兵器のない世界のビジョンを提示することを誓う

Source#日本の首相G7で核兵器のない世界のビジョンを提示することを誓う

Leave a Comment