日本の首相、圧力の中でスキャンダルに見舞われた内務大臣を解任

日本の岸田文夫首相は、株価指数が下落する中、ファンド関連のスキャンダルをめぐって寺田総務大臣を解任するよう首相に圧力がかかる中、日曜日に寺田稔総務大臣を解任した. 彼の内閣を支持する.

寺田氏の辞任は岸田氏にとってまた一撃だ。 他の 2 人の牧師は、論争の的となっている統一教会との過失または密接な関係の結果として、その地位を離れました。

2022年11月20日、東京の首相官邸で岸田文雄首相に辞表を提出した後、寺田稔総務相が記者団に語った。(共同)

岸田氏は日曜日遅くに記者団に対し、追加予算の編成や、宗教団体による倫理的に疑わしい寄付慣行の犠牲者に対する救済措置の制定など、政府の主要な政策目標を達成することを「優先」したいと語った.

松本武明。

与党自民党の党首でもある岸田氏は、同じ自民党議員で元外務大臣の松本武明氏を寺田氏の後継者に指名する予定であると、首相に近い筋が語った。 彼は月曜日の朝に後任を発表します。

寺田氏は、日曜日に首相官邸で岸田氏に会った後、記者団に対し、進行中の国会会期中に政府の立法努力の妨げになりたくないと語った.

首相は、インドネシアのリゾート島であるバリ島での G20 サミットを含む国際会議に出席した後、土曜日遅くに東京に戻った。

自民党衆議院議員で、大臣として選挙と通信産業を担当した寺田氏は、政治資金の流用が週刊誌の報道で取り上げられ、野党から辞任の声が上がっている。選挙関連法を監督する能力がない。

週刊文春は、寺田氏が昨年10月の選挙戦で、広島県の彼の選挙区の6人の地方議会議員に、支援のために約40,000円(280ドル)を支払ったと報告した. このような支払いは、公職選挙法で禁止されています。

他の事例の中でも、寺田氏は週刊誌による報告を認め、彼の擁護団体の 1 つが、2019 年 10 月に死亡した人物によって署名された 2019 年と 2020 年の政治財政に関する年次文書を地方自治体に提出したことを発見しました。

政治資金規正法は、署名した人が死亡した場合、支援団体は7日以内に地方自治体に死亡を報告しなければならないと規定している. これはグループによって尊重されませんでした。

内閣に就任する前に特別顧問を務めた岸田氏の側近である寺田氏は、支援グループは別の誰かが率いるので、彼は文書に責任がないと主張した.

日本の岸田文夫首相は、2022 年 11 月 20 日、寺田稔内務大臣を解任した後、東京の公邸で記者団に語った。 (木戸)

相次ぐ閣僚の解任を受けて、岸田氏のリーダーシップはますます疑問視されており、国民の支持を強化するために今年後半にもう一度内閣改造を実施するという憶測が飛び交っている。

2021 年 10 月に就任した首相は、統一教会とのつながりが確認された閣僚を交代させるため、8 月初旬に内閣改造を行った。

野党は寺田氏の解任が遅すぎると批判した。

立憲民主党の和泉健太代表は「首相の意思決定とリーダーシップに疑問を呈するしかないほど遅くなった。

和泉氏は寺田氏を総務相に任命したことを批判し、岸田氏は「今後の内閣の方向性を正直に説明すべきだ」と述べた。

野党日本共産党の国会首席補佐官である崑田啓治氏は、泉氏の批判に同調し、首相の辞任を要求した。

岸田内閣では、秋葉研也復興大臣も彼の政治資金について質問されており、政府が物価上昇の悪影響を緩和することを目的とした経済対策を制定するために議会審議を継続しようとしているときに、それが障害になる可能性がある.

財務省の元官僚である寺田は、自民党内で岸田の派閥に属しています。 寺田も岸田も広島県の選挙区を代表している。 64歳の彼は、以前は総務担当副大臣などの役職に就いていました。

寺田と同様に、ここ数週間で岸田内閣を去った他の 2 人の閣僚は、事実上、首相によって解雇された。

山極大四郎経済再生相は、物議を醸している宗教団体との親密なつながりを理由に、10月末に辞任を余儀なくされました。 羽梨泰弘法相は今月初め、死刑囚の処刑を承認する彼の役割を軽視していると見られるコメントで辞任した.

岸田内閣の支持率が急落したのは、安倍晋三前首相の暗殺を受けて、自民党議員と統一教会との深いつながりが明らかになったことが主な原因である。

日本の首相、圧力の中でスキャンダルに見舞われた内務大臣を解任

Source#日本の首相圧力の中でスキャンダルに見舞われた内務大臣を解任

Leave a Comment