日本の飲食店は不足しているアイテムを引っ張る

日本を拠点とするファミリースタイルのイタリアンレストランチェーンであるサイゼリヤは、海外でのサプライチェーンの混乱により特定の料理を中止し、特定の食材の国内調達に目を向けています。

チーズとトマトソースのグリルチキン、500円(3.87ドル)のプリモピアットは、主成分であるタイでの人手不足による供給の難しさのため、利用できなくなりました。 アフリカ豚コレラの発生により、日本がイタリアからの豚肉と塩漬け肉の輸入を停止した後、ミラノのサラミを使った300円の前菜もすべての場所でメニューから削除されました。

4月にこれらの措置を講じたサイゼリヤも、在庫がなくなるとパルマからの生ハムを中止する予定です。

外食チェーンの「サイゼリヤ」が4月から全でした肉種のの外しをしてししーとた。 、4月の中年からをしてたたのはて食肉をする「ここのチーズ焼き」(500円)です。なりがろうだとことです。万にも5月1日から熟成ミラノサラミ」((300円)の給をしててててますます。。-Tbs News







日本の飲食店は不足しているアイテムを引っ張る
Source#日本の飲食店は不足しているアイテムを引っ張る

Leave a Comment