日本の電力会社、サハリンの新しい事業者との契約更新を検討

ロシアのサハリン 2 石油・ガス プロジェクトから液化天然ガスを購入している日本の公益事業者の一部は、プロジェクトの管理権を取得した後、モスクワが今月初めに設立した新しい事業者との契約を更新することを検討している、と事情に詳しい情報筋は述べた。金曜日。

新しいオペレーターは、ロシアのウクライナ侵略のために一部の外国人株主が撤退した後、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の命令に基づいて8月5日に設立された後、以前のエンティティと同じ契約条件を提供しています。

資料写真は2009年4月、千葉県袖ヶ浦沖に到着したサハリン2号からの液化天然ガスタンカー(共同)

契約更新は、サハリン 2 の供給にアクセスできなくなった場合、代替 LNG 源を探すことを余儀なくされる日本の電力会社による料金の急激な増加の可能性についての日本での懸念を緩和するだろう。

ロシアの極東におけるサハリン 2 プロジェクトは、資源の乏しい日本の LNG 輸入の約 9% を占めており、日本政府は、サハリンを重要なエネルギー提供者と見なしていると述べている。

東京電力ホールディングスと中部電力の合弁会社JERAと東京ガス、広島ガスなどの地域ガス会社がサハリン2からLNGを購入している。

ロシアのエネルギー大手ガスプロムが約 50% の株式を保有しており、日本の商社である三井物産と三菱商事がそれぞれ 12.5% と 10% の株式を保有しています。

プロジェクトの以前のエンティティの株主は、9 月 20 日までに新しいオペレーターへの出資を申請する必要があります。 四。

西村康稔経済産業相は、三菱に新しいサハリン 2 事業者への投資を検討するよう要請したが、前任者の萩生田浩一は三井にプロジェクトへの関心を維持するよう要請した。


関連記事:

新しいロシアのオペレーターは、日本企業にサハリン2と同じ契約を提供します

日本は閣僚にサハリン2の新しいオペレーターへの参加を検討するよう要請

三井物産、M’bishi、サハリン 2 エネルギー プロジェクトの株式価値を削減


.日本の電力会社、サハリンの新しい事業者との契約更新を検討
Source#日本の電力会社サハリンの新しい事業者との契約更新を検討

Leave a Comment