日本の選挙年は岸田首相の

岸田文雄首相は、2021年の総選挙を日本の与党の新党首として無事にナビゲートしたが、2022年の参議院選挙で再び有権者と対峙する際には、外交力とその能力で判断される可能性が高い。狭さのビジョンが現実に。 金持ちと貧乏人の間のギャップ。

岸田文雄は在職3ヶ月で、人々の「耳を傾ける能力」を繰り返し強調し、トップダウンで知られる前任者の菅義偉や安倍晋三との差別化を図り、新たなリーダーシップのイメージを築いてきました。下。

アナリストは、国がCOVID-19感染の中断を経験しているため、夏の参議院選挙で投票箱に向かう前に、岸田文雄が経済を回復軌道に戻すまでの速さについて、有権者が岸田首相の立場を評価する可能性が高いと述べています。 。

日本の岸田文雄首相は、2021年12月28日に東京の首相官邸でジャーナリストと話します。(京堂)==京戸

彼はまた、米中対決の日本に対する外交的反抗をどのように扱っているかについても判断される可能性が高い。

青山学院大学青山学院大学青山学院大学政治史教授の小宮仁氏は、「参議院選挙に向けて、約束したことを実際に達成しているかどうかが確実に注目される」と述べた。 。

小宮氏は、「外交では、ポジションを取るよう求められたときに、彼が明確なメッセージを送ることができるかどうかに注目するだろう」と述べた。

米国が人権侵害をめぐる北京冬季オリンピックの外交的ボイコットを宣言した後、岸田は北京とワシントンのどちらも怒らせないことを望んで、政府の代表団ではなく上院議員をイベントに送ることを決定することによってバランスをとる行為を試みた。 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会委員長を務めた橋本聖子ほか、2名。

習近平大統領の2020年春の訪日が無期限に延期された後、日中首脳会談を開催する見込みはないが、岸田氏はジョー・バイデン大統領との首脳会談のためにできるだけ早く米国を訪問することを望んでいる。

「岸田さんに味方を言われることもあるし、そういう状況ではみんなを喜ばせることはできない」と小宮さん。

近い将来、首相は外交面でほとんど見せることができないかもしれないが、京都の同志社大学の政治学教授である吉田徹氏は、岸田が新しい形を実行するという約束を果たすことができるかどうかを有権者が注意深く見守っていると述べた。経済成長と賃金上昇による富の再分配に焦点を当てた資本主義の

吉田氏は、「人々の生活が本当に良くなっているように感じられるように、人々の収入を増やすことができるかどうかに基づいて評価されるだろう」と語った。

岸田文雄は最近の公約演説で、気候変動やデジタル化の分野への民間投資を奨励するなど、他の目標を追求する前に、まず国が決定した介護福祉士の賃金を引き上げることで包括的成長を達成することを誓った。

これらの課題にもかかわらず、10月の衆議院選挙での不振な業績から数ヶ月以内に日本の立憲民主党が新しい選挙戦略を考案することの難しさは、好業績を享受した岸田内閣にとって良い兆候かもしれない。 。 アナリストらによると、最近の共同通信の世論調査では、60.0パーセントの堅実な支持率。

同志社の「CDPJが衆議院選挙で期待したほど多くの議席を獲得できなかったのは、キャンペーン期間が短かったこともあり、その方針を区別することが困難だったためだ」と語った。 、同志社大学。 吉田は言った。

日本労働組合総連合会が支援するリベラルな党であるCDPJは、日本共産党や他の野党と同盟を結び、承認された候補者に対して1人の選挙区で議席を獲得する可能性を高めました。 10月31日の選挙で自由民主党が率いる与党によって。

しかし、CDPJは衆議院で14議席を失い、465議席の議院に合計96議席を残した。

党内での穏健な姿勢で知られる新選の泉健太氏は、論争の的となっている問題をどうするかについての見解をまだ共有していないが、政府を単に批判するのではなく、代替政策を提示することを誓った。 PCJ。 、レンゴが公然と反対した選挙で。

吉田氏は、「これは、与党と野党の両方にとって、再配置の時期だ」と述べた。

アナリストによると、岸田氏は、子育て中の世帯に現金給付を提供し、新しいコロナウイルスのパンデミックによる経済的影響を緩和することで、賃金の上昇がより広範な産業に広がる前に時間を稼いでいる。

岸田氏の経済刺激策の主力である恩恵は、政府が当初、18歳以下のすべての子供たちの世帯に10万円(870ドル)を組み合わせて与えることを主張したため、特別会期で熱く議論された。クーポンと現金、しかしそれはすぐにその価値を逆転させました。 ポリシーと地方自治体がパンフレットを全額現金で配達することを許可しました。

「これは野党にとって本当に難しい状況だ」と青山学院の小宮氏は語った。 「計画を立てて変えない阿部さんのようなリーダーと対峙するのは簡単だが、岸田さんは妥協の姿勢をとっている」と語った。


関連する報道:

日本の首相は韓国に「慰安婦」に関する2015年の合意を遵守するよう要請する

すべての人にCOVIDブースターワクチンの導入を検討している日本:岸田首相

政府は、オミクロンと密接に接触している受験者を除外する決定を撤回します


。日本の選挙年は岸田首相の

Source#日本の選挙年は岸田首相の

Leave a Comment