日本の車いすテニススター国枝が全仏オープンで8回目のタイトルを獲得

日本の国枝慎吾は、土曜日にアルゼンチンのグスタボ・フェルナンデスに6-2、5-7、7-5で勝利し、8回目のフレンチオープン男子車椅子タイトルと27回目のグランドスラムクラウンを獲得しました。

フェルナンデスとの38回のミーティングで38歳のクニエダが27勝目。 これがスラムでのクニエダの優位性であり、フェルナンデスとアルフィーヒューイットはそれぞれ5つのメジャーで彼の最も近い追跡者であり続けています。

土曜日の2時間41分の勝利は、2018年以来、フランスの首都での日本のスターの最初の勝利でした。彼はまた、パラリンピックのチャンピオンでもあります。


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の車いすテニススター国枝が全仏オープンで8回目のタイトルを獲得
Source#日本の車いすテニススター国枝が全仏オープンで8回目のタイトルを獲得

Leave a Comment