日本の警察は、人種プロファイリングの印象を避けるように警官に促します

警察当局によると、警察庁は、人種的に動機付けられていると見なされる可能性のある方法で人々に質問することを避けるために、12月にすべての県警察に勧告を出した。

この勧告は、東京の米国大使館が12月6日に、警察によって「拘束され、尋問され、捜索された」数人の外国人による「レイシャルプロファイリング事件の疑い」の報告を受けたとツイートした後に出された。

レイシャルプロファイリングとは、人種に基づいて人が犯罪活動に関与する可能性が高いと判断する法執行官を指します。

書面による勧告は、誰に立ち寄って質問するかを選択するとき、警察官は「外見や衣服など、見た目だけに基づいて決定を下すべきではない」と述べています。

松野博一政府報道官は、記者会見で、米国大使館のツイートが掲載された日のツイートについて尋ねられたところ、警察の尋問は人種や国籍に基づくものではなく、警察官は法律に従って不審者に接近していると述べた。

逆に、今年初めに発表された東京弁護士会の外国人のルーツを持つ人々の警察の扱いに関する予備調査の結果は、2,094人の回答者の62.9パーセントが過去5年間に警察から尋問を受けたと報告したことを示した。 …読み続けてください







日本の警察は、人種プロファイリングの印象を避けるように警官に促します
Source#日本の警察は人種プロファイリングの印象を避けるように警官に促します

Leave a Comment