日本の製薬会社が駅で薬の自動販売機をテスト

日本の製薬会社は、東京のJR新宿駅に設置した風邪薬や鎮痛剤などの薬の試用販売を開始しました。これは、突然病気になった通勤者により良いサービスを提供するプロジェクトです。

日本で最も忙しい駅の1つにある大正製薬の自動販売機が火曜日に稼働し、8月31日まで使用できるようになります。

付属の合成画像は、東京のJR新宿駅の写真に編集された薬を調剤する自動販売機を示しています。 (共同通信)

製薬会社は、ドラッグストアの少ない地域に将来設置することを期待して、試運転中に発生した問題を分析すると述べた。

目薬や消化器など約30種類の商品を取り揃えたこの機械は、新宿駅内のドラッグストアの薬剤師がお客様をサポ​​ートできるよう、午前10時から午後6時までご利用いただけます。

大正製薬は、試運転後、機械の稼働時間を延長することを検討すると述べた。

近くのドラッグストア内に駐在している薬剤師は、顧客が自動販売機で非処方薬を選択したときに、デバイスを介して通知されます。

ユーザーは、スタッフの承認後にアイテムを取得できます。

購入はプリペイド式の交通カードに限定されていますが、ユーザーが薬を大量に購入するのを防ぐために、マシンには顔認識システムが統合されています。

。日本の製薬会社が駅で薬の自動販売機をテスト
Source#日本の製薬会社が駅で薬の自動販売機をテスト

Leave a Comment