日本の製薬シオノギがオミクロンのワクチン開発について議論

日本の製薬会社シオノギアンドカンパニーは、新しいコロナウイルスの新しいオミクロン変異体のためのワクチンの開発を検討している、とその当局者の一人が火曜日に言った。

大阪に本拠を置く同社の関係者によると、シオノギはオミクロン株のワクチン開発の基礎となる有効成分の製造準備をすでに開始している。感染した。 コロナウイルス。

ある人が2021年8月23日に大阪でコロナウイルスワクチンを接種しました(共同通信)。

南アフリカが先週世界保健機関に最初に報告し、それ以来、ますます多くの国で確認されている、多数の突然変異を伴うオミクロン変異体についての懸念が高まっています。 日本はまだ事件を発見していません。

シオノギは現在、COVID-19ワクチンの最終臨床試験を実施しており、3月までの実用化を目指しています。 これは、ウイルスによって引き起こされる呼吸器疾患のための最初の全国的に生産されたワクチンになるでしょう。

同社はまた、軽度から中等度のCOVID-19症状のある患者のために、悪化を防ぐ経口薬を開発しています。 抗ウイルス薬がオミクロン変異体にも有効かどうかを確認する取り組みが加速すると当局者は述べた。

シオノギ氏は以前、在宅治療を期待して、今年末までに経口薬の国家承認を求めることを目標としていると述べた。 承認されれば、日本で軽症のCOVID-19患者に最初の経口薬となるでしょう。

「(当社の製品が)オミクロン変異体に対応できるように準備を行う」と当局者は述べ、同社はCOVID-19ワクチンの市場投入を優先していると付け加えた。

。日本の製薬シオノギがオミクロンのワクチン開発について議論

Source#日本の製薬シオノギがオミクロンのワクチン開発について議論

Leave a Comment