日本の裁判所は、7月の選挙で得票差を違憲と宣言した

仙台高等裁判所は火曜日、7月の参議院選挙で最大3.03倍の格差が違憲であるとの判決を下したが、求められた東北日本の5選挙区での世論調査結果を覆すには至らなかった.原告.

今回の判決は、参議院選挙における票の重みの格差が公正な選挙の憲法上の要件に違反していると主張して、全国14の高等裁判所およびその支部に弁護士グループによって提起された16の訴訟のうち8番目のものです。 .

2015年に国が人口の少ない2つの都道府県を2つの選挙区に統合して得票値の格差を縮小して以来、裁判所が参議院選挙の得票格差を違憲と判断したのは初めてのことです。

2022年11月1日、弁護団は仙台高裁に向かい、7月の参議院選挙の票差についての判決を聞く。 (経堂)

火曜日の判決は、東北地方の青森県、福島県、岩手県、宮城県、山形県の選挙区を対象としていた。

控訴する予定の選挙管理委員会は、「得票数の格差は違憲の問題を引き起こすほど大きくはなかった」として、訴訟を却下しようとしていた。

選挙区ごとに議員一人当たりの有権者数が異なると、得票率の格差が生じます。 格差が大きい場合、選挙は「違憲状態」にあると見なされ、国会が妥当な期間内に問題に対処しない場合、違憲が宣言されます。

再選が公共の利益に重大な害を及ぼさないと判断された場合、投票結果も覆される可能性があります。

これまでのところ、札幌、東京、大阪、広島の高裁は格差は「違憲状態」にあるとの判決を下している。 一方、名古屋高裁、広島高裁松江支部、高松高裁は合憲を宣言した。

一連の判決の最新の判決は 11 月末に終了し、その後、最高裁判所がこの件に関する判決を下す予定です。

高裁は、参議院選挙の結果を覆したり、それ自体を違憲と判断したことは一度もありませんでしたが、2010 年と 2013 年の選挙におけるそれぞれの 5 倍と 4.77 倍の格差は違憲であるとの判決を下し、2016 年と 2016 年のそれらを決定しました。 2019年のレースは合憲でした。

直近の7月10日に行われた参議院選挙では、神奈川県が1議席あたりの有権者数が最も多く、福井県が最も低く、得票数の格差は3.03倍でした。 前回の2019年の参議院選挙では、得票差が3.00よりも大きくなりました。


関連記事:

日本の裁判所、7月の得票差は違憲との判決を再び下す


日本の裁判所は、7月の選挙で得票差を違憲と宣言した

Source#日本の裁判所は7月の選挙で得票差を違憲と宣言した

Leave a Comment