日本の裁判所は、コンピューターゲームのプレイを合憲に制限する条例を定めました

西日本の裁判所は、コンピューターゲームの使用を制限する都道府県条例がプレイヤーの憲法上の権利を侵害していると主張して訴訟を棄却した。

2020年、香川県は、コンピューターゲームとインターネット中毒に取り組むことを目的として、国内で初めて法的ガイドラインを設定した管轄区域になりました.

県は、18 歳未満のプレーヤーのゲームへのアクセスを平日の 1 時間に制限するなどの制限を設け、保護者にこれらの制限に沿ったルールを設定するよう促しています。

条例が制定された年、当時高校生だった男性とその母親は、選手が自分で制限を設定できるようにすべきだと主張して訴訟を起こした.

訴状は、条例が憲法で保障された自己決定権とプライバシー権を侵害していると主張した。

火曜日の高松地方裁判所で、天野智子裁判長は、過度のゲームプレイが社会的不適応の原因として挙げられていると指摘した. 彼女は、若者が特にそのようなゲームの乱用の影響を受けやすいと述べ、県のスタンスは合理的であると説明した.

判事は憲法条例について、自決を制限するものとみなされても、最低限の賦課であり、罰則は付かないとして、判決を下した。

…読み続けて

8 月 31 日 (Annnewsch) – 香川県の ・ ゲーム依存症対策、「ゲーム条例」、憲法違反だとして高松市出身の学生らが損害賠償を求めた裁判、高松地方裁判所は原告を退けまし…続きを読む


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の裁判所は、コンピューターゲームのプレイを合憲に制限する条例を定めました
Source#日本の裁判所はコンピューターゲームのプレイを合憲に制限する条例を定めました

Leave a Comment